男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック
AGA治療が成功する名古屋のクリニック » 旦那や彼。身近な人が薄毛で悩んでいたら…取るべき行動5つ

旦那や彼。身近な人が薄毛で悩んでいたら…取るべき行動5つ

「旦那or彼氏の髪が薄くなってきた」。妻or彼女としては髪が抜けてしまう前に阻止してあげたいですよね。症状が進行してしまえば、相手もより悩むことになります。そこで、旦那が薄毛になってきたときに妻が取るべき行動をご紹介します。

旦那or彼氏の薄毛を指摘する前のおすすめ行動

1・シャンプーをこっそり変える

まずは毎日使っている、シャンプーをチェックしてみましょう。とくにトニック入りなど清涼剤が入っているものは、使用後、すっきりとすることから、頭皮に良いようなイメージがありますが、刺激が強いので要注意。頭皮がいつの間にか、ダメージを受けてしまっているということも。頭皮にやさしい薬用シャンプーにこっそり中身を変えてしまうのもおすすめです。また、薄毛が進行してきたら、育毛成分が含まれているシャンプーに変えましょう。

有効成分が毛根に栄養素を届け、髪の毛の成長を促してくれます。

頭皮が脂っぽいの人なのか、乾燥している人なのかにもタイプが別れてくるので、その人の肌質などを加味して、用途にあったシャンプーを探してみてください。

2・お風呂の入り方をチェック

お風呂上りはドライヤーでちゃんと乾かしているか、烏の行水ではないか、湯船につかっているか… 入浴も薄毛と関係があります。とくに男性は仕事で疲れていてお風呂も適当に済ませがち。

しかし、しっかりと湯船に浸かることで、血行を促進し、頭皮にもしっかりと、酸素と栄養がいきわたって薄毛予防にもなります。お風呂に入ってどれくらい時間がかかるか、しっかりと湯船に浸かっているかチェックしましょう。

入浴後、しっかりと髪を乾かしているかも肝心です。下記の2つに注意をしましょう。

タオルドライのやり方に注意する

入浴後、タオルで頭を「ゴシゴシ」と力一杯拭き取っていると、頭皮に負担がかかり薄毛の原因となります。頭皮は皮膚の中でも特にデリケートなものなので、優しくタオルに水分を染み込ませるように拭くことが肝心です。

ドライヤーを使って髪の毛を乾かしているか注意する

タオルドライ後も、ドライヤーを使ってしっかりと乾かしているか否かも肝心です。一見、ドライヤーは頭皮が乾燥してしまい、良くないイメージがありますが、頭皮を濡れたままにしておく方が問題なのです。

一つ目の問題は、頭皮を濡れたまま放置しておくと、せっかく洗髪したのにも関わらず雑菌が繁殖してしまい頭皮環境が悪くなります。

2つ目の問題が頭皮の冷えにより、血行が悪くなることです。髪の毛というのは頭皮の毛細血管を通し、酸素と栄養を吸収して丈夫に生えていきます。しかし血行が悪くなり、血流が不足すると酸素と栄養が髪の毛に行き渡らなくなります。すると酸素と栄養不足のため、弱い髪の毛が生えてくるようになってしまいます。弱い髪の毛というのは、産毛のようなものなので直ぐに抜け落ちてしまいます。

これが結果、薄毛という状態を引き起こすので、注意しておいてください。

また、頭皮の乾燥も抜け毛につながります。これは頭皮以外の皮膚にも言えることですが、皮膚が乾燥していると痒みや炎症を起こします。これが頭皮の場合だと、痒みと炎症にプラスして、フケの原因となり頭皮環境は悪くなります。頭皮環境が悪いということは、髪の毛に正常な酸素と栄養が行き届かなくなり結果、薄毛の原因となります。

そのことからきちんと頭のケアをしているかも確認しましょう。

3・食生活に気を配る

栄養バランス

脂質の取り過ぎは皮脂の分泌につながります。皮脂は毛穴を詰まらせて髪の毛の成長を阻害します。また、アミノ酸やタンパク質は髪の毛の材料となる栄養素なので、不足すると薄毛につながります。ご飯は腹八分目。脂質が少なく、アミノ酸やタンパク質が多く摂れる食事メニューに改善しましょう。特にこの二つを摂取するには、青魚と大豆製品が良いでしょう。

目の届かない時間帯

仕事などで外食が多い場合も注意が必要です。日中、自分の目の届かない時間帯は、何を食べているかわからないことでしょう。男性は付き合いのため、ガッツリとしたものを召し上がる傾向があるので、ここでも栄養は偏ります。

何気なく毎日、日中に食べたものを聞くのを日課にするのがおすすめです。

その傾向から、ダイエットのためや、健康を考えてなど、適当な言い訳をして食事のバランスを調整してあげることも必要になるでしょう。

しっかりと三食食事を摂っているか

三食食事を摂っているかも大切です。バランスが良い食事をとることを前提としての話ですが、三食ともしっかりと摂取していなければ体のバランスは崩れてしまいます。

朝は菓子パンだけで済ませたり、食べないといったことや、毎日間食をしてしまっているというのも非常に危険です。食べないというのは栄養を摂っていないので危険なのは当たり前ですが、一食あたり菓子パンだけで済ませては、どう考えても栄養は足りません。

また間食というのも肥満の原因なので、体のバランスが悪くなります。このような食生活になっている場合は、今直ぐ改善を促してあげましょう。

早食いしていないか

早食いという行為は栄養素が体に吸収されにくいのです。何故ならば胃腸に負荷かがかかるので、体内に栄養を吸収しにくくなってしまうからです。栄養を吸収できず、体内に栄養が行き届かなくなるということは毛に良い成分も行き届かないということなので結果的に薄毛に繋がります。しかも満腹感を得にくい食べ方なので量は必然的に増えてしまいます。食べる量が増えてしまうと、肥満になってしまい体のバランスが崩れます。こちらも毛には良いとは言えない環境です。

以上のことから、なるべく早食いしないように注意してみてください。

4・睡眠時間を見直してみる

睡眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、髪の毛を成長させる「成長ホルモン」の分泌がされにくくなります。特に午後10時から午前2時というのは体の体調を整えるのに、睡眠が必須となる時間帯なのですが、仕事で忙しいとついつい睡眠時間が短くなりがちです。残業が多いようなら、早く家に帰ってくるように伝えるのが良いかもしれませんね。家に仕事を持ち帰っていないかもチェックしてみましょう。

しかし仕事のこととなると、指摘するのが難しいことでしょう。あまりにも睡眠のリズムが崩れているようならば、せめて休みの日ぐらいは早く寝ることを進めることや、無理をさせないで睡眠時間を取ってもらえるような環境作りをしてあげることも大切です。

また、お酒も夜更かしや睡眠の質の低下につながりがち。旦那さんがお酒好きだったら、ちょっとずつでも減酒していきましょう。

5・運動不足を解消する

旦那さんは休みに日は家でゴロゴロ……というご家庭も少なくないかと思います。しかし、運動不足も薄毛の原因です。

血行が悪くなり、髪の毛も成長しにくくなります。逆に適度な運動をしていれば、血行も改善されますし、ストレスも解消されて抜け毛の予防になります。休日はどこかに一緒に出かけるなど、旦那さんを家から連れ出すと良いかもしれませんね。近年では、これまでガッツリと自分を追い込む人が通うところというイメージがあって、ハードルが高かったトレーニングジムも多種多様化しハードルが下がり、一般的になりました。この流れに乗り、二人で入会してみるのもいかがでしょうか?夫婦揃って通えば、体も鍛えられる上、共通の話題も増えて夫婦仲も良くなるし、一石二鳥です。

6・禁煙

喫煙しているのならば、辞めさせるのも頭皮には大切なことです。

タバコというのは「百害あって一利なし」という有名な言葉があるように、体に良いことはありません。タバコを吸うと、ニコチンの影響で体内の血管が収縮してしまいます。血管が収縮すると体内に酸素と栄養を取り込めなくなってしまいます。

ということは先ほどから説明させてもらっているように、頭皮にも酸素と栄養が行き届かなくなり、薄毛の原因となります。何より、頭皮だけでなく体自体にも悪いので、やめさせた方がメリットは多いのです。ストレス解消や、辞められないなど言い訳をされても禁煙外来を受診させるなどして、禁煙させることをおすすめします。

7・枕元をチェックする

どのぐらい薄毛が進行しているかチェックするには、枕元をチェックすることをおすすめします。枕は寝ている間、頭を長時間くっつけているものなどで、その時に髪の毛がどのぐらい抜けているのかチェックしましょう。

まずは、枕をきれいにしておいてください。そして使用後に、数本程度ならば問題はありませんが、数十本単位抜けていたら注意が必要です。また普通の太く長い髪の毛が抜けているのならば、普通の抜け毛なので問題はないですが、細く短い毛が多い場合は、髪の毛の成長がうまくいっていないということになります。

AGAの人の場合、頭皮全体に栄養が行き渡っていないので、髪の毛が太くなりきれず細い髪の毛に成長します。しかし細い髪の毛というのは、弱い髪の毛でもあるので、直ぐに抜け落ちてしまいます。このような髪の毛が増えてしまうと抜け毛がひどくなり薄毛の原因となります。そのことから判断材料として、見ておくと良いでしょう。

旦那をAGA治療クリニックへつれて行く方法

生活習慣を改善してもダメなとき、あるいは生活習慣だけじゃどうにもならない程症状が進行してしまったら、一刻も早くクリニックに行って治療を受けるべきです。

AGAは早期発見、早期治療が解決する上での近道なのです。

しかし、そのときに「ハゲてきた」というようなマイナスの言葉は使わないようにしましょう。

「デブ」や「チビ」、「ブス」と同じように、身体的な特徴を指摘されると傷つくものです。ポジティブな気持ちでクリニックに行ってもらえるよう、例を上げてみますので、参考にしてください。また、実際に身近な女性にクリニックを勧められて治療を開始したという男性の口コミを集めたので、ぜひ参考にしてください。

プラスの言葉でクリニックへ誘導!

○今でもかっこいいけどもっとカッコよくなるよ
×ハゲてきたらから病院行こうよ

 ○私も食生活とか気を配ったつもりなんだけど、ごめんね
×ごはんとかがんばって作ったけど全然ダメなんだもん

○シャンプーと同じくらいの値段でもっと効果あるらしいよ
×高いシャンプーとか意味ないじゃん!

身近な女性に勧められてAGA治療を開始した男性の口コミ

ハッキリ言ってくれて感謝

「薄くなってきているのはわかってたけど、まだ全然大丈夫だろと思っていました。でも、奥さんと2年前の旅行の写真を眺めているときに、『2年前より髪の毛薄くなったね』とハッキリと言われて、最初はめっちゃ傷つきました。でも、『これから子どもができたときに、いつまでも若いパパでいてほしいし、今のうちに治療しない?一緒に病院探すよ!』と言われて、治療を決心しました。今になって思えば、ハッキリ言われないと『俺は大丈夫』と思って延々行かなかったような気がするので、良かったと思います」

ケンカの流れで行くことに

「好きじゃないのにワカメの酢の物を毎日出してくる嫁にうんざりしてました。当てつけかよって。1回ケンカしたときに、はずみでそのことを指摘したら、泣きながら『あんたのためにやってんじゃん!』と言われて反省。その後ブチ切れた嫁さんに、毎月使ってるシャンプーと育毛剤の金額で治療に通えると言われて、断れる空気でもなく行くことに。生えてきた今となっては、もっと早くに行けば良かったと思ってます。嫁さんは『私のおかげだね』とドヤ顔しています(笑)」

深刻な顔で指摘され…

「そろそろ結婚しようかというときに、彼女が『話がある』とすごく深刻な顔で言ってきたので、もしかして別れ話!?と内心ヒヤヒヤ。彼女が『気を悪くしないでね、私はそんなに気にしてないんだけど…』と、めちゃめちゃ気を使いながら薄毛を指摘されました。『色々調べたんだけど、それって治るみたいなの。いちどクリニックに行ってみない?』と言われました。そこまでハゲてたのか…と、正直落ち込んでましたが、ここまで調べてくれたんだと思い、一緒にクリニックをネットで探したりすることに。他人の目って大事だなと今となっては思います」

「そんなんじゃ嫁も来ない」と言われ

「実家暮らしの三十路。休日いつものようにゴロゴロしながら野球を観ていたら、その後ろにいた母に『あんた、てっぺんハゲてんな』と超剛速球ストレートで指摘されました。『ハゲてへんわ!』と返したものの、『そんなんじゃ嫁さんなんて夢のまた夢やなあ…』と言われ、その後洗面所の鏡と格闘。認めたくはないですが、確かにハゲかかっていました。そこからネットでクリニックを調べて、治療を開始することに。3ヶ月目くらいで産毛がこんにちはして、6ヶ月目には『生えている』と公言できるレベルになりました。母には感謝ですが、素直に感謝できない自分がいます…」

旦那をクリニックに行かせた人のブログを参考にする

実際に旦那さんをクリニックに通わせることに成功した女性の体験談は、夫・彼氏に通院を決意させるのに参考になるでしょう。ここでは旦那さんがクリニックで薄毛治療を始めた方のブログを紹介します。

恋人がハゲても構わない?夫なら構う。

「共働き、両親頼れない!けど2人目産んじゃった(・ω・)ノ」というブログからの記事です。普段は子育てや料理、買い物に関する記事が中心ですが、旦那さんの頭髪が薄くなってからは薄毛治療の経過もブログに書いてくれるようになりました。

治療の成果はもちろんのこと、治療を決意させるまでの経緯も必見です。

夫、薄毛(AGA)治療を開始。クリニックデビュー。|共働き、両親頼れない!けど2人目産んじゃった(・ω・)ノ

AGA治療おすすめクリニック5選