男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック
AGA治療が成功する名古屋のクリニック » AGA治療よくある質問集

AGA治療よくある質問集

このページでは、AGA治療にあたって知っておきたい情報やよくある質問などを、Q&A方式で紹介しています。

名古屋のクリニックを
調べつくし!
おすすめAGA治療
クリニック5選はこちら

そこが気になるAGA治療

Q1.AGAと認定される抜け毛量は?

A.とくに認定基準などはありません。総合的に医師が判断します。

毛髪は、正常な人でも毎日50~100本ほどが抜け落ち、新しい毛髪へサイクルしています。「朝起きたとき、枕に何本落ちていたらAGA」というような基準値はありません。髪に元気がなく、ブラッシングなどで抜け毛が目立ったり、生え際の薄毛が気になり出したらAGAの疑いがあります。

Q2.AGAの治療期間は?

A.医療機関にもよりますが、おおよそ6ヶ月が目安とされています。

抜け毛を抑止するプロペシアと、発毛を促すミキシジルのどちらも、効果が現れるまで約6ヶ月間の継続が必要です。約1年ほどで脱毛の抑止と発毛の効果は頭打ちに達するとされており、その後は状態を維持するための治療となります。

Q3.どのくらいの治療費がかかるの?

A.自由診療となるため、全額負担となります。

一般的な相場としては、まず初診料のほかに検査などで合計20,000~30,000円ほどがかかり、その後はプロペシアなど治療薬代を含めて毎月7,000円~30,000円となります。毎月の料金に大きく幅があるのは、クリニック独自の発毛プログラムなどを受ける場合を含みます。

Q4.AGA治療で毛根は増やせる?

A.AGA治療で毛根の量を増やすことはできません。

もともと毛根の数は決まっています。毛の量が少ない人は、毛根の数が少ないことが原因であることも多いです。しかし、AGA治療はあくまで抜け毛を減らしたり、髪の毛の成長を促したりする目的で行われるので、毛根の数を増やすことはできません。いくら治療といっても、もともと存在する毛の量以上の髪を生やすことはできないのです。

Q5.育毛剤ではAGAは治らないの?

A.残念ながら治りません。

市販されている育毛剤は、薬ではなく化粧品や医薬部外品という扱いです。そのため、必ずしも効果があると保障されているものではありません。発毛効果はあるかもしれませんが、その力はわずかなので、AGAを治療することはできません。市販されている医薬品で、発毛効果があると認められているのは、AGA治療薬が含まれている「ミノキシジル」が含まれている「リアップ」のみです。

Q6.シャンプーで抜け毛が進行する?

A.シャンプーをすることで、抜け毛やAGAが進行することはありません。

排水溝などで抜け毛を目にする機会が増えるため、シャンプーによって抜けてしまうと思われがちです。しかし、1日1度まで、優しくていねいなシャンプーによって頭皮を清潔に保つほうが、抜け毛予防となります。シャンプーの成分によって炎症やアレルギーが出る場合や、異常な抜け毛の場合は医師へ相談しましょう。

Q7.かつらを使用しているけど問題ない?

A.問題ありませんが、途中で外す必要があります。

かつらを使用しながらAGA治療を進めることは可能です。ただし、ある程度治療が進行して毛の量が増えたら外す必要があります。かつらをかぶったままだと、通気性が悪くなり、髪の毛の成長にも影響を与える可能性があるためです。

Q8.タバコやお酒は止めるべき?

A.症状を進行させる原因になるので、止めるか量を減らしたほうが良いです。

タバコは血流が悪くなり、毛根に栄養が行き届かなくなることによってAGAを進行させる原因となります。また、お酒は糖質が脂肪に変換され、皮脂の過剰分泌につながります。そのため、薄毛の影響を考えれば禁煙・禁酒が理想的です。ただ、急に止めるのはなかなか難しいかと思います。まずは少しずつ量を減らしていきましょう。

Q9.治療中は筋トレや性行為は禁止?

A.どちらも適度であれば問題ありません。

男性ホルモンの分泌がうながされる行為ですが、筋肉や精子をつくるために分泌されるもので、AGAの原因となるジヒドロテストステロンにはならないとされています。治療中の性行為によってパートナーが妊娠した場合も、赤ちゃんへの治療薬の影響は見られません。ただし、日常的に頻回行なう人は、慢性的に男性ホルモンが過剰となり、AGAへ影響を与える可能性が指摘されています。

Q10.AGAに年齢は関係ある?治療は何歳からできる?

A.通常、成人男性であればAGAに年齢は関係ありません。

一般的には、30代から40代にかけて進行する人が多いといわれていますが、遺伝や体質によっては20代から進行するケースもあります。進行の度合いが著しい場合は、早めに専門の機関に相談をしましょう。

Q11.植毛はすべき?

A.植毛は最終手段です。

AGAの治療には段階があります。比較的症状が軽ければ「プロペシア」などの治療薬を使って様子を見てみましょう。治療薬で効果がなかなか現れない場合は、HARGや育毛メソセラピーなど、育毛成分を直接毛根に届けるような治療を行ないます。植毛は、費用も高く、仕上がりのリスクも伴います。毛根が完全に死んでしまったときの最終手段と考えておきましょう。自分がどの治療をすべきなのか、まずは医師に相談してみましょう。

Q12.治療中に帽子を被ってしまうと効果ってなくなるの?

A.被っても平気です。ただし、かつら同じように途中で脱ぐ必要があります。

AGA治療中でも外出するのに、帽子を被ることもあると思いますが、AGA治療が帽子を被ることにより、滞ることはありません。しかし、こまめに脱ぐ必要があります。帽子を長時間被っていると、通気性が悪くなり髪の毛の成長にも影響を与える可能性があります。ただしそのことを意識しすぎて炎天下の中にも関わらず、帽子を被らないで過ごしていると、かえって紫外線の影響により頭皮環境が悪くなります。そのことから家に帰ってから脱いだ後、直ぐに頭を洗ったり、マッサージすることを心がけていれば特に意識する必要はありません。

Q13.発毛効果がある塗り薬ってどんなもの?

A. ミノキシジルという成分が配合されたものになります。

クリニックで処方される塗り薬は、基本的にミノキシジルという発毛効果が認められているものになります。この成分は、市販の育毛剤ならばTVCMでもよくやっている「リアップシリーズ」にしか配合されておらず、他の育毛剤には一切配合されていません。そのことから、発毛を謳っている商品でも、発毛効果が実証されている訳ではありません。現在、ミノキシジルが配合されているものだけが、発毛効果がある塗り薬になるのですが、この塗り薬は副作用も強いので注意が必要です。しかしAGA治療をクリニックで行っていれば医師と相談しながら、使えるので安心ですよ。

Q14.発毛効果がある飲み薬ってどんなもの?

A. プロペシアという成分が配合されたものになります。

クリニックで処方される飲み薬は、基本的にプロペシアというAGAになってしまっている、頭皮環境を整える薬になります。AGAになってしまう原因というのが、体内に誰でも持っているテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合してしまい、ジヒドロテストステロンという物質になってしまうところにあります。このジヒドロテストステロンが体内に多く発生してしまうと、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまい、成長が滞り細く短い産毛のような髪の毛で成長がストップしてしまいます。この成長不足こそが抜け毛、薄毛の原因なのです。そこでこのプロペシアを服用し、この物質が多く出てこないように抑制するのです。この物質さえ発生しなければ、頭皮環境が悪くなることはありません。しかしこちらも塗り薬同様、副作用が強いので、人により向き不向きがあります。そのことから、クリニックで相談しながら使用していくことが必須になります。

Q15.塗り薬と飲み薬、どちらか片方の使用では治らないの?

A. 残念ながら治りません。AGA治療において基本この2つは、1セットだと思ってください。

AGA治療中は、塗り薬と飲み薬による治療が中心になります。しかしどちらか片方の使用だけでは、改善して行くことは正直難しいと思ってください。理由としてそれぞれの薬の役割は、全く異なるものだからです。まず塗り薬は、栄養の行き届かなくなっている頭皮に栄養を補給する役目があります。もともとAGAになってしまう原因は頭皮の栄養不足です。

そこに塗り薬で直接的に栄養を与えることにより、髪の毛を細く弱いものから、太く強いものに変えて行くのです。続いて飲み薬は、発毛の弊害になっている物質を抑制する役割があります。AGAを改善するためにはまず、発毛の弊害になっている原因を食い止める必要があります。この原因を食い止めないまま、処方された塗り薬使っても根本的な原因は解決されていないので、効果が出ることはありません。飲み薬でAGAの原因を断ち切って、塗り薬で栄養を補給するというのがAGAを改善して行く唯一の方法になります。そのことからどちらかの使用のみでは、意味がないのです。

Q16.AGAに良い食べ物ってあるの?

A.食べ物というよりも、食事の栄養バランスを考えて摂取することが大事。

正直、この食べ物を食べたらAGAが改善するといったことや、頭皮に良いと巷で言われているものを大量に食べたからといって、AGAが解消されることはありません。しかし頭皮に栄養を行き渡らせる活動の一つとして、栄養バランスが良い食事を取ることは大切になります。例えば、毎日揚げ物を摂取しているといった人や、ラーメンを毎日食べているという人は、明らかに脂分の摂取しすぎになります。これらの食べ物が頭皮に悪いということではなく、過剰摂取してしまうと栄養バランスが崩れてしまい、それが頭皮にも少なからず影響をもたらします。そのことからどのような食べ物でも過剰摂取は禁物です。あくまで栄養バランスを整えるためには、「適度」がポイントになります。しかし髪の毛というのは、アミノ酸とタンパク質で構成されているので、この2つを多く含んだ食品を適度に摂取するのが髪の毛のことを考えると、おすすめですよ。

Q17.AGA治療のクリニックってどんな感じ?

A.カウンセリングをしっかり行い、患者様に合わせた治療を提案してくれます。

正直、AGA治療って聞いたことあるけど、通うのが恥ずかしいと思っている人も多いのではないでしょうか?しかしAGAはデリケートな悩みだからこそクリニック内は、別の患者様と鉢合わせしないように、配慮された個人情報が守られている空間になっています。そのような環境下で、まずはカウンセリングをしっかりと行い患者様の悩みを理解して治療を開始します。AGAといっても人により症状も違いますし、治療方法も人により向き不向きがあります。また保険適用外の治療になるため、金銭面の心配でなかなか治療に踏み出せないという人もいるでしょう。そんな方には、返金制度を導入しているクリニックも存在します。このようなクリニックならば、治療がうまくいかなかったときにお金だけ、持っていかれるということもありません。何より返金制度という強気な姿勢から、治療に対する自信が伺えます。現在は、クリニックも患者様の増加から全国的にも増えてきました。無料カウンセリングや、診断を行なっているところもあるので、一度お試しになってから自分に合うかクリニックか判断して、治療するクリニックを決めても良いのではないでしょうか。

Q18.97%の割合で成功するって本当ですか?

A.本当です。

今現在、様々な治療法が存在しています。1つずつの成功率を見てみますと、「プロペシア・ミノキシジル治療」の成功率は98%以上、AGA治療薬「ミノフィアG」は99%以上、「ヘアマトリックス治療」は94%、「ノンニードルハーグ治療」は94%と、全て合わせた平均は97.2%となっています。この先、事例が増えてくると成功率にも変動が生じますが、今の段階での成功率は約97%となっているのです。

Q19.なぜ病院じゃないといけないんですか?

A.ヘアサロンでは効果が薄いからです。

薬の処方や注射をするといった行為は医療行為にあたりますので、医師以外の治療は原則としてNGとなります。AGA治療として処方される「フィナステリド」や「ミノキシジル」は医師でないと処方できませんし、それらの有効成分を注射するというのも医師でないと行ってはならないのです。要するに、医師が常に常駐している病院でないとAGA治療は難しいということであり、ヘアサロンなどの非医療機関では満足のいく薄毛治療はできないということです。

名古屋のクリニックを
調べつくし!
おすすめAGA治療
クリニック5選はこちら

Q20.市販のシャンプーや育毛剤で増やすことは難しいですか?

A.有効成分が入っていれば増える可能性は出てきます。

上記の質問のように、たとえシャンプーや育毛剤であっても有効成分さえ入っていれば増える可能性は決してゼロではありません。しかし、医療機関であればさらに効果の高い薬品を提供することができるのです。有効成分が入っている市販のシャンプーや育毛剤をずっと使い続けるより、医療機関で提供されう薬品を用いた方が効き目はありますし、結果的に費用も安く済みます。

Q21.薄毛の進行をまず止めるには、どれぐらいの期間で

効果がでますか?

A.薄毛の進行ということだけなら、薬を服用した段階で止まります。 薄毛の進行を止めるということだけなら「フィナステリド」という成分で十分可能ですが、これには神の毛を増やすという効果が一切ありません。ちなみに、髪の毛が増えているように感じ始めるのが、抜け毛のペースが落ちて生え変わりの毛が伸びる頃となります。もちろん個人差は出てきますが、早い人で1カ月程度、遅い人でも3カ月程度で効果が現われてくるといわれています。

Q22.ヘアマトリックスは痛いんですか?

A.痛みはありますが、麻酔で軽減することも可能です。

ヘアマトリックスは注射針で直接頭皮に有効成分を注入しますので確かに効果は期待できますが、その反面痛みだけはどうしても出てしまいます。そこで、「笑気ガス麻酔」を併用してみたところ、個人差はあるものの痛みを軽減することができたのです。医療機関によっては「ブロック麻酔」も用意できるところがありますので、あまり痛みに関しては心配は無用かと思われます。

Q23.他の薬を飲んでいる場合でも、AGA治療薬を飲んで大丈夫なんですか?

A.飲んでいる薬によります。

現在服用している薬にもよるのですが、AGA治療薬だけ服用した場合の副作用というのは今のところでは報告がありません。また、他の薬も服用しながらAGA治療薬を飲んだ場合の副作用もまだ聞かれません。ただ、相互副作用がわからない薬がほとんどであるというのも事実です。そもそも、複数の薬を同時に飲むと副作用の危険度は高まるのは間違いありません。薬というのは正しく服用すれば効果は得られやすいですが、正しく服用しない場合には何かしらの害を及ぼします。AGA治療の場合はそれに効果のある薬だけを服用してもらいたいですが、風やケガなどで他の薬を服用しないといけない場面はどうしても出てきてしまいます。その際は、必ず医師に相談するようにしてください。

Q.24治療後に整髪料をつけても大丈夫ですか?

A.髪の毛が乾いていれば問題ありません。

治療後でも髪の毛さえ乾いていればワックスやジェルなどの整髪料を付けることは可能です。ただ、整髪料の付けすぎ、長時間付けたままの状態というのは毛穴に汚れや脂分が詰まりやすくなります。結果的に抜け毛へとつながってきますので、これらの行為には十分に気を付けてください。そもそも、ワックスやジェルといった整髪料は頭皮環境に良くはありませんので、できる限り付けないようにするのがベストでもあるのです。

Q25.AGA治療を受けた当日はお風呂に入って大丈夫ですか?

A.当日の入浴は避けてください。

AGA治療を受けた当日は、頭皮や頭髪への悪影響を防ぐために入浴やサウナは避けてください。シャワーで軽く洗い流す程度なら問題ありませんが、その場合は治療から約6時間は空けてからにしてください。

Q26.AGA治療薬はお水で飲まなければならないですか?

A.できればお水で服用してください。

どの薬でも共通して言えますが、AGA治療薬に関してもできるだけお水で服用するようにしてください。カフェインが含まれているコーヒーや紅茶で飲むと頭痛を引き起こす可能性があります。また、お茶や牛乳、ジュースというのは薬の吸収率を低下させる働きがあり、アルコールは強い眠気や悪酔いを引き起こすこともあります。AGA治療薬は正しく服用することで高い効果が出やすいということだけは忘れないでください。

Q27.AGAとは何ですか?

A.男性型脱毛症という意味です。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称となります。成人した男性に多くみられる薄毛の状態で、前からの生え際や頭のてっぺんの髪が薄くなっていく状態のことを言います。一般的には男性ホルモンや遺伝の影響とされています。日本では、成人の約3分の1はこのAGAだとされてるのです。

Q28.AGAになる原因は?

A.DHT(ジビドテストステロン)の影響です。

男性ホルモンのテストステロンが、「5a-リアクターゼ」という還元酵素によって変換できる体内物質DHT(ジビドテストステロン)が、正常なヘアサイクルの成長を阻害するのが大きな原因とされています。

Q29.AGAの改善方法は何ですか?

A.DHT(ジビドテストステロン)の生成を抑えることです。

薄毛治療には、内科的治療と外科的治療の2通りあります。内科的治療だと、医療機関が処方している薬か一般の薬局で売られている一般医薬品のどちらかになります。外科的治療だと医療機関のみの治療です。

Q30.薄毛は遺伝しますか?

A.一般的には遺伝します。

薄毛になりやすい体質と言うのが遺伝するだけであって、親や祖父母が薄毛だからとその子供や孫が薄毛になるとは限りません。日々の食生活やケア、生活習慣の改善によって薄毛の進行を遅くさせたり、止めたりすることも十分に可能です。

Q31.寝不足は薄毛に関係してきますか?

A.健康な髪の毛にとってはマイナスです。

睡眠不足というのは、十分なエネルギーが体に行き渡らず、頭皮や毛髪を作る毛母細胞の活動も衰えることになります。また、髪の毛は太陽の紫外線や空気中のほこりなどによってもダメージを受けてしまいます。それらのダメージを睡眠中に回復させますので、睡眠不足だと薄毛の進行を早める原因ともなるのです。薄毛にならないためにも十分な睡眠は必要だということなのです。

Q32.コーヒーを飲み過ぎると薄毛になりやすいですか?

A.コーヒーの飲み過ぎは髪の毛にとってはよくありません。

コーヒーやお茶にはカフェインが多く含まれております。カフェインと言うのは適量であれば血行を良くしますので、毛根に血液が届きやすくなります。しかし、飲み過ぎると睡眠不足に陥りやすいので、結果的に髪の毛の成長を妨げることになるのです。さらにコーヒーに含まれている「タンニン」という成分は、育毛に欠かせない亜鉛が体内に吸収されるのを阻害する働きもあります。薄毛が気になるのでしたら、まずはコーヒーの摂取量を控えるか、他の飲み物に変えるなどの改善をしてみるのもいいかもしれません。

Q33.髪の毛が細い人は薄毛になりやすいですか?

A.特に関係はありません。

生まれつき髪の毛が細い人でも薄毛にならない人はたくさんいます。そもそも、歳を重ねていけば誰でも髪の毛は細くなってくるものです。

Q34.運動はAGA改善に効果はあるのですか?

A.十分にあります。

エアロビクスやエアロバイク、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動にはAGA改善の効果があるとされています。DHT(ジビドテストステロン)を体外に排出する方法のは2通りあり、それは排尿と発汗になります。有酸素運動はストレスの緩和や血行促進の効果もありますので、健康な髪の毛を作るには最適な運動となるのです。

Q35.ダイエットは髪の毛に良くないですか?

A.ダイエットの方法によります。

運動をメインとするダイエット方法であれば、血行を促進されることで抜け毛予防になりますし、育毛にも大変良いとされています。逆に、食事制限をするダイエット方法だと、髪の毛に重要なタンパク質やビタミン、亜鉛の摂取量が少なくなることがあります。そうなると髪の毛に栄養が行き届かなくなり、抜け毛も増えて新しい髪の毛も生えづらくなるのです。ダイエットを考えている人は、できるだけ運動をメインとするダイエット方法を選択した方がいいでしょう。

Q36.抜け毛予防に良い食事はありますか?

A.まずは一日3食バランスの良い食事を摂ることです。

髪の成長に必要なものに、植物性タンパク質と緑黄色野菜、亜鉛、海藻類が代表的に挙げられます。他にも各種ビタミンなど、様々な要素が髪の毛にとって必要となります。最も重要なことは、これらの成分の入った食事を一日3食バランスよく食べることに尽きます。

Q37.海藻類は髪の毛が増えるというのは本当ですか?

A.科学的根拠のない俗説です。

わかめや昆布などの海藻類に含まれるミネラルは髪の毛のツヤやハリを与えるのは事実であります。ただ、髪の毛の原料として必要なタンパク質は海藻類には多く含まれておりません。また、ミネラルを摂取し過ぎると高血圧や動脈硬化になりやすいので、健康面では決して良いものでもないのです。

Q38.性行為をし過ぎると薄毛になりやすいのですか?

A.あまり関係はありません。

精子には髪の毛の元となるタンパク質や亜鉛が多く含まれていますので、射精の数が多いと髪の毛には何かしらの影響は出ることでしょう。しかし、無理して禁欲するとストレスが溜まってしまいますので髪の毛には決してよくはありません。世間一般的に考えられる頻度であれば特に大きな影響を与えることがないです。

Q39.ストレスの溜め過ぎはよくないのですか?

A.絶対によくありません。

急に薄毛になる人は、ストレスの溜め過ぎというのが一番多い理由になっています。ストレスが溜まると「テストステロン」の分泌量も増えてきます。また、薄毛の原因となる「5a-リアクターゼ」の動きを阻害する亜鉛の消費量も増えてしまいます。身体機能も低下して血行も悪くなるので、ストレスの溜め過ぎというのは髪の毛にとって何一つ良いことはないのです。なるべくリラックスする生活を心掛けた方がいいでしょう。

Q40.シャンプーしても頭皮の痒みが消えないのは何でですか?

A.一番多い原因はシャンプーの洗い残しです。

シャンプーの洗い残しというのはフケの原因となるのですが、フケは毛穴に詰まりやすく、雑菌も繁殖しやすくなっています。それが原因で頭皮が痒くなるのですが、あまり多く掻きむしると菌が頭皮の内側に入り込んで炎症や湿疹を引き起こしてしまうのです。十分にすすぐということしか痒みを止める方法はないのですが、それでも痒みが引かないとなればシャンプーとの相性が原因とも考えられます。

Q41.せっけんシャンプーは抜け毛予防に良いですか?

A.使い方次第で悪くなる場合もあります。

一般的なせっけんシャンプーは天然由来成分で作られていますので、一般的なシャンプーよりは効果があるかと思います。ただ、せっけんシャンプーの成分は頭皮に残りやすいので、しっかりと洗い流さないと逆効果になる場合もあるのです。また、シャンプーに殺菌作用成分が含まれると、頭皮に大きなダメージを与えることもあります。せっけんシャンプーに限らず、成分や相性、使い方などはしっかりと把握しておくようにしましょう。

Q42.ドライヤーは薄毛になりやすいのですか?

A.ドライヤーで髪の毛を乾かすことは大事です。

髪の毛を洗った後、しっかりと髪の毛を乾かさないと雑菌が繁殖してしまいますので、髪の毛をドライヤーで乾かすということはとても大事なことでもあります。しかし、乾かし過ぎると必要な水分まで蒸発してしまいますので、髪の毛のダメージだけではなく頭皮までも痛めてしまうことになってしまいます。完全に乾かすというより、9割程度に留めておくことがドライヤーを使う最低限な使用方法かもしれません。

Q43.紫外線は髪の毛にとって良くないですか?

A.絶対によくありません。

紫外線が人間の皮膚に良くないということは一般的には多く知られていることです。ちなみに、頭皮は他の皮膚と比べて2倍程度のダメージを受けてしまいます。頭皮にはある程度の水分が必要となりますが、紫外線を浴びることでその水分が蒸発してしまいます。その結果、皮膚細胞などの動きが衰えて抜け毛の大きな原因となってしまうのです。また、髪の毛自体にも水分がなくなって栄養が行き届かない状態となってしまいます。紫外線が強い日には外出をなるべく控えるか、帽子などをかぶって紫外線から頭皮を守るようにしましょう。

Q44.パーマは抜け毛の原因になりますか?

A.可能性は高いかもしれません。

人の体質によって違ってくると思いますが、パーマは抜け毛の原因となる可能性は決してゼロではありません。パーマやカラーリングというのは髪の毛にとって決して良い行動だと言えませんので、何もしていない人に比べると多少の抜け毛や薄毛の原因となることでしょう。

Q45.サウナは育毛効果には良いのですか?

A.適切に利用すれば育毛効果があると言えます。

サウナというのは新陳代謝を即すので、適切に利用すれば育毛効果がある可能性は高いです。多くの汗をかくことで毛穴に詰まった汚れを排出することになります。それと、血流もよくなりますので、血液もサラサラとなり頭皮の血行もよくなるでしょう。最後に、頭皮が温められることで毛母細胞が活発になり、眠っていた毛根が目覚めるかもしれません。肩こりやストレスの解消になることも多いので、頭皮や髪の毛にとっても良いことばかりです。とはいえ、長時間サウナにいると体調も悪化しやすくなりますので逆効果でもあります。

Q46.血液検査はどうして必要なのですか?

A.薬の使用ができるかを確かめるためです。

使用する薬品は医薬品となりますので、使用する前に薬が体に与える影響というのを調べるために血液検査を行うのです。

Q47.治療を中断したい場合はどうすればいいですか?

A.医師に相談してください。

治療を中断したい場合、自己判断で勝手に中断するのだけは絶対にやめてください。その際はすぐに医師に相談をしないと、治療前の状態に戻ってしまうこともあります。

参考URL

AGA治療おすすめクリニック5選