男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック
AGA治療が成功する名古屋のクリニック » 近年急増!女性のAGA(FAGA) » 薄毛にならないために!女性のAGA(FAGA)予防策

薄毛にならないために!女性のAGA(FAGA)予防策

最近では薄毛に悩む女性も増えてきています。このページを読んでいる人はまさに「抜け毛が増えてきたかな」「髪が薄くなってきた気がする」と悩んでいるかもしれません。
ここでは薄毛になりやすい人の特徴を解説し、チェックリストを用意。また、薄毛を予防するための対策についても紹介しています。いつまでも髪をフサフサに保つためにも、ぜひ一読ください。

薄毛になりやすいのはこんな人

髪が薄くて悩んでいる人にはいくつかの共通点があります。ここでは、薄毛になりやすい人の特徴を項目ごとに解説しているので要チェックです。

睡眠不足な人

睡眠不足の人は頭皮がカチカチに固まっており、血流の循環が悪くなっています。よって脳に栄養が届きにくく、抜け毛が増えるのです。睡眠不足で頭皮が硬くなるのは、自律神経の乱れが原因。自立神経の中枢である脳に異常が起こるため、脳の周りが緊張することでカチカチに固まると言われています。

睡眠時間には個人差がありますが、頭皮に悪影響があるのは、平均睡眠時間が5時間以下の人だそうです。

夜遅くまで仕事をしているといった理由で、どうしても睡眠時間が取れず慢性的に睡眠不足な状態になっている人もいることでしょう。できる限り、5時間以上の睡眠をとるように心がけてください。

食習慣が乱れている人

食習慣が乱れていると頭皮の皮脂が過剰分泌されて、ベタベタな状態なり、髪の毛が抜けやすくなります。

脂っこい食べ物・アルコール・お菓子などを良く食べる人は要注意。通常は内臓の力で体内にある物質を分解して処理できますが、これらの食べ物を摂りすぎると体内の脂肪が過剰に蓄えられてしまい、内臓の力で処理ができなくなります。

処理できなくなった脂肪は顔や皮膚から放出されるため、人によっては薄毛になりやすいベタベタした頭皮になるというわけです。

長時間のデスクワーク・立ち仕事をしている人

例えばパソコンを使って長時間デスクワークをしている人や、接客や販売で長時間立ちっぱなしの仕事をしている人は、肩や首が凝ってしまいます。肩こりや首こりにより筋肉が固まってしまうと、血液の循環が悪化。栄養分が頭皮や毛根に栄養が行き渡らなくなり、抜け毛が増える可能性があるのです。

出産後・育児中の女性

女性薄毛のほとんどは「女性ホルモンの減少」が原因。出産後は女性ホルモンが減少するため、抜け毛や薄毛になりやすいと言われています。

また、子育てや家事で自分の時間が取れなかったりすると、悩みや不安が増えてしまうこともあるはず。なかなか相談できずにいるとストレスが溜まりやすくなるでしょう。ストレスはホルモンバランスを乱し、頭皮にも影響を与えてしまいます。

薄毛になりやすい人チェックリスト

食生活の乱れ・ストレス・睡眠不足など、さまざまな理由で薄毛になります。ここでは薄毛になりやすい人に共通するチェックリストを掲載しているので、ぜひ確認してください。

  • 日常でストレスを感じている
  • 髪の毛や頭皮がベタついている
  • 頭皮が痒い
  • フケが出やすい
  • 髪の毛にツヤがなくなってきた
  • 肩こりや頭痛に悩んでいる

薄毛を予防するための方法

1、頭皮マッサージをする

頭皮マッサージで血流を良くすることで、薄毛の予防ができます。まず、こめかみ辺りから頭のてっぺんまでを指の腹をつかって円を描くようにマッサージください。これは浅側頭動脈という血管を刺激します。

つぎに、後頭部のでっぱったところから頭のてっぺんに向けてマッサージをしてください。後頭動脈という血管を刺激します。マッサージをしてから数分すると頭皮が温かく感じるでしょう。それが、血行が良くなっているサインです。

2、バランスの取れた食事を心がける

栄養が偏った食事や暴飲暴食は、頭皮に悪影響を与えます。食生活が乱れていると、血管の老化が進み、頭皮まで栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

薄毛予防をするためには、髪や頭皮に良い食べ物をバランスよく摂取してください。

髪の毛の成分の90%以上がタンパク質で、亜鉛は髪の成長を促進させるために欠かせない成分です。これらが不足すると、髪の毛が細くなり、抜け毛も増えやすくなります。

大豆・肉・魚・乳製品・卵などからタンパク質を、牡蠣・うなぎ・魚介類・海藻などから亜鉛をバランスよく摂取することが大切です。

また、フケや皮脂が多い人は、頭皮の新陳代謝を促進させるビタミンB2やB6が含む食べ物を積極的に摂りましょう。ビタミンB2はレバー・卵・大豆・乳製品・緑黄色野菜、ビタミンB6はレバー・肉・かつお・まぐろ・いわし・さば・バナナ・キャベツ・ピーナツ・大豆などの食べ物の中に豊富に含まれています。

3、半身浴をする

薄毛予防で大切なのはホルモンバランスを整えることです。女性ホルモンが分泌される卵巣を半身浴で温めましょう。ぬるめのお湯で最低20分はお風呂に浸かってください。

お風呂に浸かることは、心身共にリラックスさせる効果があるので、ストレス解消にもなります。

4、良質な睡眠をとる

睡眠時間が少なく寝不足になると自律神経が乱れて、血流が悪化します。最低でも5時間以上の睡眠時間を確保してください。良質な睡眠をとるためには、アロマやお香でリラックスできる環境を作りましょう。スマホやパソコンの光は、睡眠を妨げてしまうので、布団に入る1時間前は使用しないように心がけてください。

5、適度に運動する

適度な運動で血液の巡りを良くしましょう。「エレベーターを使わず階段を選ぶ」「週1~2回ウォーキングする」など無理をしない程度で十分です。運動をすることでストレス解消にもつながるので薄毛予防にもおすすめ。

6、禁煙する

タバコに含まれるニコチン作用が、血管を収縮させてしまい、頭皮にも悪影響を与えます。タバコを吸っている人は禁煙・減煙することが、薄毛予防になるといえます。

参照元

名古屋のクリニックを
徹底調査!
おすすめ女性薄毛治療
クリニック3選はこちら

AGA治療おすすめクリニック5選