男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック
AGA治療が成功する名古屋のクリニック » 近年急増!女性のAGA(FAGA) » 近年急増!女性のAGA(FAGA)改善方法

近年急増!女性のAGA(FAGA)改善方法

薄毛は男性がなるものという考えが一般的ですが、現代では薄毛に悩む女性は増加傾向に。女性の薄毛はAGAではなく「FAGA」と呼ばれるもので、男性の薄毛と原因は全く違います。そのため、改善方法も異なるのです。しかし、まだまだ女性の薄毛に対する認知度は低く、どうやって改善すればよいのかわからない人が多いと感じます。
ここでは女性の薄毛の改善方法についてまとめましたので、ぜひチェックして下さい。

すぐ始められる!女性の薄毛改善方法

ここでは、コストをかけずに今日から始められる女性の薄毛改善方法について紹介しています。

1、頭皮ケアシャンプーを使ってみる

市販で売られているシャンプーの多くは、動物性・植物性の油脂から作られた「アルコール系シャンプー」です。洗浄力が強い分皮脂を取りすぎてしまう恐れがあり、頭皮環境が悪化する原因に。
薄毛が気になる方は、頭皮に配慮した「アミノ酸系シャンプー」を使用するようにしましょう。アミノ酸系のシャンプーは、髪を作るための栄養素タンパク質とアミノ酸で生成されているので、髪や頭皮に優しいのが特徴です

2、頭皮マッサージを行う

お金がかからず手軽にできる改善方法が「頭皮マッサージ」です。血流促進や毛穴の皮脂汚れを落とす効果が期待できます。頭皮を傷付けないよう指の腹で優しく行うことが重要です。頭皮は皮膚が薄いので、爪を立てたり強い力で揉んだりするのは逆効果になります。特に血行が良くなっているお風呂上りにマッサージを行うのがおすすめ。

3、禁煙をする

タバコは肺だけでなく、頭皮や髪にも悪影響を及ぼします。タバコに含まれるニコチンの作用で、血管が収縮し血流が悪化。さらに血流の低下で、頭皮に必要な栄養素が行き届かなくなります。 喫煙は薄毛改善の大きな原因なので、禁煙外来に行くなどして禁煙に取り組むようにしましょう。

4、パーマやヘアカラーを減らす

パーマやヘアカラーに使われている薬剤が頭皮に付着すると、頭皮がダメージを受け、薄毛の原因になります。パーマ液はアルカリ性ですが、頭皮は弱酸性。パーマ液を当てた時のピリッとした痛みは、弱酸性の頭皮がアルカリ性に反応して起こります。
ヘアカラーも液体に化学薬品が含まれているので、頭皮へのダメージは小さくありません。パーマやヘアカラーは薄毛を隠す効果がありますが、これは短期的なもの。根本的に薄毛を改善するためには、パーマやヘアカラーの回数を減らしたり止めたりすることが大切です。

5、髪に優しいヘアスタイルをする

ポニーテールやオールバックは、髪に圧力がかかり抜け毛の原因になります。薄毛を防止するためには、髪に優しいヘアスタイルを心がけましょう。ゴムで髪を強く結ぶことはせず、ドライヤーを使ってヘアセットをするのがおすすめ。
また分け目を変えるだけでもボリュームアップが期待できるので、薄毛が気になる人はぜひお試しください。

6、食生活を見直す

頭皮の環境は食事によっても左右されると言われています。薄毛改善のためにも、バランスの良い食事を心がけてください。特にタンパク質や亜鉛、ビタミンBが含まれる食べ物は髪の毛に良いとされるので、積極的に摂取しましょう。

参照元

自力での改善が見込めないなら本格的な薄毛対策を!

いよいよ薄毛がひどくなってきたから確実な手を打ちたい。本格的な薄毛対策をするなら、発毛剤や育毛剤を使う・クリニックに通うなどの方法が挙げられます。頭皮マッサージや食生活の改善など、気軽にできる薄毛対策でもなかなか効果が出ない場合は、本腰を入れて薄毛と向き合わなければなりません。

1、育毛剤を使う

薄毛の改善には育毛剤を使用します。育毛剤は男性だけが使うものと考えられていましたが、今では女性専用の育毛剤が販売されるようになりました。
育毛剤を使うことで、髪を丈夫にする育毛効果・抜け毛防止・かゆみやフケ防止などの効果が期待できます。

2、発毛剤を使う

髪を生やす効果のある発毛剤を利用するのも一つの手。しかし副作用を引き起こす可能性があるので、薬剤師による処方が必要な薬です。
ちなみに発毛は抜けた場所(毛穴)から再び新しい毛を生やすことをいい、育毛は現時点である毛髪の周期を正常に戻すことを指します。

3、クリニックに通う

薄毛にはさまざまな原因がありますが、それを自分で判断するのは難しいでしょう。頭皮環境や薄毛の原因についてきちんと調べるためにも、薄毛専門クリニックに行くのがおすすめです。薄毛の原因に合わせて、医師が適切な治療法を提案してくれます。
また、薄毛の悩みというのは非常に繊細なもの。なかなか周りに相談できないことも、クリニックに行けば先生や看護師さんが親身になって話に耳を傾けてくれます。クリニックで治療をすることで心が楽になり、最適な方法で確実な治療を受けられるのが大きなメリットだと言えるでしょう。

髪に良い食生活を送るために知っておきたい栄養成分

摂取した栄養は、活動エネルギーや筋肉など生きていくために必要なところへ優先的に運ばれます。生命維持に直接的に関係のない髪の毛への栄養は後回しなので、十分に栄養を摂らないと髪はどんどん細く弱ってしまうことに。発毛を促す毛乳頭まで栄養を届けるためにも、髪に良い栄養成分を効率よく摂取することが大切です。
ここでは、髪に良い栄養成分を表で分かりやすく説明しています。

タンパク質 ■動物性
肉・魚・卵・乳製品
■植物性
大豆・納豆・豆腐
タンパク質は約20種類のアミノ酸から構成されています。髪を育てるための「メチオニン」という成分は、必須アミノ酸なので、食事から摂取しなければいけません。
ビタミンB群 ■ビタミンB2
レバー・卵・大豆・乳製品・緑黄色野菜
■ビタミンB6
レバー・肉・かつお・まぐろ・いわし・さば・バナナ・キャベツ・ピーナツ・大豆
■その他ビタミンB群レバー・魚介・肉・卵・緑黄色野菜・豆・玄米など大豆・納豆・豆腐
タンパク質の効果を活かすためには、ビタミンB群が欠かせません。ビタミンB2とB6には、皮膚の新陳代謝を促進させる効果があるので、皮脂が多くフケに悩む人は、多めに摂取するようにしましょう。
亜鉛 牡蠣・うなぎ・魚介類・海藻 人間の体内には3,000種類以上の酵素がありますが、そのうち200種類の酵素は亜鉛がないと働くことができません。
また、亜鉛が不足してしまうと、髪の主成分である「ケラチン」が栄養として合成できなくなります。ケラチンが合成できないと髪が細くなり、髪の色が抜けやすくなります。
ビタミンA 緑黄色野菜・うなぎ・レバーなど ビタミンAは、細胞分裂を活発に行わせる効果があるので、育毛サイクルを正常にし、毛髪や頭皮の健康を保ってくれます。
ビタミンC かんきつ類・野菜類など ビタミンCは、コラーゲンの生成を補助する役割があり、肌をキレイにしてくれます。
また、頭皮環境の改善にも効果的です。
ビタミンE 植物油・魚介類・野菜類・ナッツ 毛細血管を広げてくれるビタミンEは、毛乳頭まで栄養をスムーズに運ぶのをサポートします。

注目!女性はフィナステリドでの治療ができない

フィナステリドは男性の薄毛治療でポピュラーな薬ですが、女性が服用しても効果がありません。フィナステリドは男性ホルモンを抑える薬であり、男性薄毛にのみ効果のある薬だからです。また男性ホルモンを抑えるフィナステリド成分は、女性の身体に悪影響を与える可能性が高いため、使用すること自体が禁止されています。ここでは、男性と女性の薄毛の特徴を説明し、女性はフィナステリドでの治療ができない理由をまとめました。

女性と男性の薄毛の特徴

女性が薄毛になる原因のほとんどが、女性ホルモンの減少です。女性ホルモンの一種「エストロゲン」によって、髪の毛は育てられます。エストロゲンは加齢とともに減少して、早い人だと35歳から分泌量が減っていくことも。その結果、男性ホルモンの要素が大きくなって薄毛が始まります。
男性ホルモンが増えることで、髪の毛が抜けたり薄くなったりするのが男性の薄毛の原因です。男性ホルモン「テストステロン」が発毛を促す毛乳頭に入り、5aリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンに変化。このジヒドロテストロンが髪の発毛を妨げ、薄毛や抜け毛を引き起こすのです。

フィナステリドは男性ホルモンを抑える薬

フィナステリドは、男性の前立腺肥大の薬として開発されたものですが、髪が生えたという副作用があったため育毛薬として発売されました。これは発毛を妨げる5aリダクターゼを抑制やジヒドロテストロンの生成を抑える効果が期待できます。その効果を利用して男性の薄毛の改善にも使われるようになりました。

女性はフィナステリドを利用することはできない

男性ホルモンの抑制に働きかけるフィナステリドは、女性の薄毛には効果がありません。さらに妊娠時に胎児へのリスクが高まるため、服用自体が禁止されているのです。
前立腺肥大の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」は、少量ですが女性にも分泌されています。これは女性が男の子を妊娠した時に作用し、赤ちゃんの生殖器ができる時期に必要となるもの。このときにフィナステリドを服用するとジヒドロテストステロンの分泌が抑えられ、男児の生殖器が形成できずに生まれてきてしまう可能性があります。妊娠時はフィナステリドに少し触れることすら危険だそうです。

女性の薄毛治療はどうすればいいの?

薄毛の治療方法はさまざまです。専門クリニックで原因を診てもらい、医師から適切な治療を提案してもらうのがベストな方法と言えます。
また、薄毛の悩みはなかなか周りに相談しにくいもの。専門クリニックに行けば先生や看護師が親身になってアドバイスをくれるので、心が軽くなることでしょう。「どうしたら薄毛で苦しまずにすむのかな…」と1人で悩まず、まずはクリニックで相談するのが薄毛治療の近道。無料でカウンセリングしてくれるところもあるので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

名古屋のクリニックを
徹底調査!
おすすめ女性薄毛治療
クリニック3選はこちら

AGA治療おすすめクリニック5選