男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック

女性のAGAのメカニズム

国内でおよそ600万人の女性が悩んでいるといわれる薄毛。実は女性も男性と一緒でホルモンの影響によって薄毛になってしまうのです。
ここでは、女性の薄毛の原因となるAGA(FAGA)のメカニズムについて解説していきます。

女性が薄毛になるメカニズム

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが大きく影響している脱毛症ですが、女性にも起こる脱毛症です。女性の場合は、「女性男性型脱毛症(FemaleAGA=FAGA)」と呼ばれています。女性に起こるFAGAはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?男性との症状の違いや、特徴を確認していきます。

具体的なメカニズムとは

実は女性の体内にも男性ホルモンが存在しているのはご存知でしょうか。薄毛になるメカニズム自体は、男性の場合と同じです。女性の身体に存在する男性ホルモン(テストステロン)が、5αリダクターゼ(酵素)と結合することによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化。DHTが毛母細胞に入ってしまうと、毛母細胞の細胞分裂が不活性化し、発毛を阻害します。それによりヘアサイクルの周期が乱れて毛乳頭の成長期が短くなり、薄毛や抜け毛を引き起こすのです。
FAGAなりやすいかどうかは、DHTに対するレセプター(男性ホルモン受容体)の感度が大きく影響します。個人差があるため遺伝的要素が大きいと考えられているそうです。

女性ホルモンは毛髪を育ててくれる

男性ホルモンが薄毛の影響する一方で、女性ホルモンのエストロゲンには毛髪を育てるという働きがあります。女性ホルモンが活発であれば血液中のテストステロンの濃度は男性の20分の1に抑えられるため、薄毛への影響はほとんどありません。またエストロゲンの働きによりヘアサイクルが長くなるので、薄毛や抜け毛が起こったとしても、ゆっくりと進行します。

女性ホルモンが減少すると薄毛に繋がる

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってしまうことでFAGAの発症に繋がります。女性ホルモンは加齢とともに減少し、早ければ30代半ばから分泌量が減るとこともあるのだとか。そうなると男性ホルモンの影響が大きくなってしまうのです。また、過度なダイエットやストレス、生活習慣の乱れなどでも女性ホルモンの減少が起こります。それによって毛髪の成長期が短くなってしまい、毛根が休止状態に。結果として「地肌が透けて見える」「細い毛が抜ける」「髪のボリュームが減る」などのような症状が現れるのです。

FAGAを治療するには

主な原因は女性ホルモンの減少なので、ホルモンバランスを整えることが改善への近道です。
まず、生活の中でストレスとなっている要因がないか考えてみましょう。過度なダイエットや睡眠不足、生活習慣の乱れが大きなストレスの原因。根本的な原因の解決を図ることでホルモンバランスが正常に戻ります。
また栄養価の高い食品をバランスよく摂ることが大切です。摂取した栄養素は生命を維持する部分へ優先的に送られるため、栄養素が不足してしまうと毛乳頭まで行き届かなくなるのです。ほかにも紫外線や喫煙、アルコールの過剰摂取なども挙げられます。原因が特定できない場合や、不安な時はFAGA治療の専門医に相談すると良いでしょう。的確なアドバイスで、FAGAを改善してくれますよ。

参照元

名古屋のクリニックを
徹底調査!
おすすめ女性薄毛治療
クリニック3選はこちら

AGA治療おすすめクリニック5選