男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック

女性のAGAの原因・特徴

女性に発症するAGAは男性のAGAとまた違った原因がある場合も。しっかりと原因を知って、正しい対策を取りましょう。

女性のAGAの原因

男性ホルモンが主な原因のAGA。女性とはあまり関係がないと思われがちですが、女性のAGAにはどんな原因があるのか、説明します。

その1「女性ホルモンの乱れ・減少」

まずホルモンバランスの乱れや減少が挙げられます。女性でも体内に男性ホルモンは存在します。普段は女性ホルモンと男性ホルモンの量は均整が取れているのですが(これをホルモンバランスと言います)、男性ホルモンが多くなることによってAGAを発症します。とくに40代後半からは女性ホルモンの量が少なくなり、男性ホルモンが優位になることで、薄毛につながりやすくなります。

その2「ストレス」

ストレスも薄毛の原因となります。これにも男性ホルモンが関わっています。人間の体はストレスを感じると男性ホルモンである「テストステロン」が分泌されます。テストステロンはストレスに対抗する作用があります。一方で5a還元酵素と結びつくと「ジヒドロテストステロン」という物質に変化します。これが毛根に存在する男性ホルモンと結びつくことによって、髪の毛の成長を止めてしまうのです。

その3「日常的なヘアスタイル」

女性の場合はヘアスタイルやヘアケアもAGAの原因になりがちです。髪を縛ると髪が無理やり引っ張られて、生え際が薄毛になりやすくなります。整髪料やヘアカラーは頭皮を痛めたり、毛穴を詰まらせたりして、薄毛になりやすい環境につながります。また、洗髪やドライヤーのしすぎにも注意しましょう。頭皮の皮脂を過剰に取ってしまうことによって、乾燥肌につながります。

参照元

女性のAGAの特徴

ルードウィッグ型

ヘアラインは保たれていますが、頭頂部から後頭部にかけての髪の毛がびまん性に薄くなっている状態です。

クリスマスツリー型

生え際から頭頂部の真ん中にかけて、クリスマスツリーのような三角形状の形に髪の毛が薄くなっている状態です。

ハミルトン型

目の上くらいの生え際に剃り込みのような形で髪の毛が薄くなる状態です。男性のAGAでも同じような症状が見られます。

頭皮が細く弱まるパターンも

上に挙げたように、局所的に薄くなるのがAGAの特徴ですが、女性のAGAの場合は、頭髪が細く弱まり全体的に薄くなるパターンもあります。

原因を調べて、早めの対処を

AGAは刻一刻と進行しています。自分がどんな原因で髪が薄くなっているのかを知るためにも、専門のクリニックで早めに診てもらうことが必要です。その際は、女性専門のクリニックのほうが、男性がいなくて周りを気にする必要がないのでおすすめですよ。

名古屋でAGAを治療するなら!
女性におすすめAGA治療クリニック3選

AGA治療おすすめクリニック5選