男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック
AGA治療が成功する名古屋のクリニック » AGA治療を失敗しないために

AGA治療を失敗しないために

あなたは「AGA治療をやっているクリニックならどこも同じ」「治療するのは医者だから失敗するはずがない」「処方された薬を使っていれば大丈夫だろう」などと思っていませんか?実は、病気や怪我の治療と同じように自分が安心できるような形で治療を受けるクリニックは慎重に選ばないと、「お金を払っても髪が生えてこない…」という結果になることも。そこでこのページでは満足いく結果を得られるよう、段階を踏んでAGA治療クリニックの選び方についてご紹介していきます。

名古屋のクリニックを
調べつくし!
おすすめAGA治療
クリニック5選はこちら

AGA治療を受ける上で知っておくべきこと

AGAを治すうえで最も大切なことは「なるべく早く治療を開始すること」です。髪の毛を生やすもととなる「毛母細胞」には寿命があります。毛母細胞は分裂を繰り返すことで髪の毛を成長させますが、寿命とともに分裂を停止。毛母細胞が完全に死滅してしまうと、もう毛は生えてきません。AGA治療は毛母細胞の動きを活性化させることで抜け毛を抑制したり育毛を促したりするもの。そのため、毛母細胞の寿命が残っている状態で受けなくては効果が低くなってしまいます。

毛母細胞に働きかけるAGA治療は、専門の医療機関でなければ受けられません。育毛シャンプーや育毛剤を使った頭皮ケアは、それ単独でAGAを完治することは難しいでしょう。専門的なAGA治療を受けながら、その効果を促進したり補助したりするものとして考えるべきだと言えます。AGAを速やかに治すには早期の治療が必要不可欠。それなのにクリニックに行く勇気が持てず、効果の薄い自己流の方法で無駄に時間を浪費してしまう人も多いようです。正しい知識を持って薄毛と向き合い、早めの治療でAGAを改善しましょう。

失敗と判断するのは時期尚早かも

治療をしてもなかなか効果が出ずに、「失敗に終わった」と自分で判断して諦めてしまう人も中にはいます。効果を得られない原因は、治療ではなく実は自分自身にあるのかもしれません。脱毛症になる原因は、体質や頭皮の損傷、疾病などさまざま。さらにはストレスも原因のひとつになっているのです。プロペシアを服用すると男性ホルモンが抑制されるので薄毛改善に繋がることが多いですが、服用だけで症状が改善されない場合ももちろんあります。

頭皮の血行が悪い場合は、プロペシアが頭髪の抜け毛の原因となる物質に働きかけても、有効成分がターゲットに到達しにくくなる場合もあるのです。 頭皮の健康を支える毛細血管の活性が悪くなる原因として、ストレスや生活習慣病もあることを考えなくては意味がありません。頭皮の表面が皮脂や整髪剤で覆われて皮膚呼吸が妨げられると、血液の流れが悪くなって頭髪の生育をジャマされてしまい抜け毛が起こりやすくなります。 このように脱毛ひとつにしても、体質や頭皮環境が複雑に影響していることを頭に入れておきましょう。

AGA治療の失敗と勘違いしやすい「初期脱毛」

医師の診察を受けずに個人輸入した治療薬を使用するので、ほかの薬と間違った飲み合わせをしてしまう可能性も。薬の飲み合わせによって身体に大きな影響を及ぼすリスクがあります。薬を使用するときはきちんと飲み合わせの可否を確認することが重要ですが、判断が難しい場合はクリニックで医師の診断のもと、適切な薬を処方してもらいましょう。

AGA治療で起こる初期脱毛とは?

初期脱毛とは、ヘアサイクルが改善される際に起こる抜け毛のこと。プロペシアのようなAGA治療薬を使用すると、乱れていたヘアサイクルが正常に戻ります。その途中経過で起こるのが初期脱毛です。治療中にもかかわらず大量に髪の毛が抜けるので驚く人も多いですが、一時的な期間に起こる脱毛なので問題ありません。

初期症状はヘアサイクルをリセットして、新しい髪が生え変わるための準備をしている大事な段階。通常頭皮な正常な人の抜け毛は、1日50~100本程度ですが、AGA治療の初期症状では1日に約300本の髪の毛が抜けると言われており、弱毛と呼ばれる「細くて弱い毛」から抜け始めます。AGAを発症すると髪の毛の成長が短期間になってしまい、この弱毛が増えることになるのです。初期脱毛で弱毛が次々と抜けた後には太くてコシのある、しっかりとした髪の毛が生えてきます。中には、「薄毛治療が逆効果になるなんて!」と思い、止めてしまう人も。AGA治療が原因で起こる抜け毛の量は、他のAGA治療薬よりもプロペシアが多いようなので、初期脱毛が起こる可能性を把握したうえで治療を進めましょう。

初期脱毛が起こる原因とは

初期脱毛によって大量の毛が抜けてしまう原因には、プロペシアの成分であるフィナステリドが関係しています。フィナステリドがAGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を阻害。ジヒドロテストステロンはテストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼ(酵素)が結合したものです。生成されてしまうと、頭皮のヘアサイクルを乱してしまい、成長期の髪の毛を休止期や退行期へと変化させる原因となります。ジヒドロテストステロンを抑制してヘアサイクルを正常に戻すとすべての髪の毛が退行期になり、初期脱毛へと繋がるのです。

ヘアサイクルのメカニズム

成長期:新しい毛が成長している周期

退行期:髪の毛の成長が止まっている周期

休止期:古い髪の毛が抜けるのを待っている周期

※休止期間中に毛根が活性化し新しい髪の毛が生えてきます。

ヘアサイクルにおいて1番大切なのは成長期です。この成長期が短縮されてしまうと、髪の毛が細くなり最終的には産毛のような状態になってしまいます。

どのくらいの期間で初期脱毛は改善する?

プロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を服用し始めてから、数週間から2ヶ月程度の期間、初期脱毛の症状があらわれます。個人差が大きいので明確な基準というものはありません。あくまで目安として考えてください。初期脱毛が終わるタイミングは突然くるものです。大量に毛が抜ける時期が続くかと思うと、急にピタッと止まることも。初期脱毛は長くても2ヶ月程度と言われているため、それ以上の期間で脱毛が続くようであればクリニックへ相談したほうがいいでしょう。

初期脱毛は良い兆候である

初期脱毛は、副作用とは違って新しい毛が生えるための通過点です。抜けてしまう細く弱くなった毛は、ヘアサイクルが乱れたことが原因で生み出されたもの。通常は、2~6年かかるはずの成長期から退行期までのヘアサイクルが半年から1年の周期で起こってしまうため、完全に成長しきれず細い毛になります。初期脱毛には個人差があるとはいえ、大量に抜けるので不安になる人も多いでしょうが、治療が上手くいっている良い兆候なので心配しないでOKですよ。

初期脱毛は乱れたヘアサイクルを一旦リセットする作業である

初期脱毛とはある種のリセット作業と言っても良いでしょう。AGA治療とセルフ治療の大きな違いは、乱れたヘアサイクルをリセットしてから治療を始めるか、乱れているヘアサイクルの頭皮にそのままシャンプーや育毛剤を塗布して治療を始めてしまっているかに別れます。後者のヘアサイクルをリセットしないままの治療は、根本から改善がされていないので、何の意味もありません。逆にヘアサイクルが上手くリセットできれば治療の望みは高くなります。

ヘアサイクルが改善することで塗り薬の効果が発揮される

ということは育毛剤等の塗り薬は、ヘアサイクルが改善して初めて効果が出るか否かが分かってくるということになります。髪の生えるスピードも考えると、育毛剤の効果を感じるのにも多少時間がかかります。上手くいかなければまた治療方法も、変わってきます。そのことからどうしてAGA治療が時間のかかるものになってしまうのかが、分かっていただけると思います。

AGA治療で本当にあった失敗談

スカルプシャンプーと育毛剤が原因で頭皮トラブルに

薄毛が気になっていた私はシャンプーに気を使うようになりました。とりあえず、使ってみたのは有名なスカルプシャンプー。しばらく使ったもののまったく効果が感じられなかったため、使うのを止めてしまいました。そのあとは頭皮の血行を促進するために、お湯でシャンプーしてみたり、皮脂を落とすために石鹸シャンプーしてみたりといろいろ工夫したのですが、どれも失敗。

いろいろ試した私が次に挑戦したのは育毛剤です。使い始めた当初は、メントールの効果からか使用感が強く、効果を期待できそうな感じがして結果をとても楽しみにしていました。頭の汚れが取れて頭皮環境が良くなっていたので、当然正常な毛髪が生えてくるだろうと。しかし、育毛剤を使用して数日が経つと頭皮にかゆみがでてきたのです。「いったいなぜ」と思いながらも鏡で頭皮の状態を確認してみると、かぶれが起こっていました。すぐに皮膚科に行って診察してもらうと、私はAGAだということが判明。しかも育毛剤が肌に合わないせいでかぶれが起こっていると診断されました。皮膚科の医師の話によると、こういう育毛剤関係のトラブルは結構あるとのこと。

つまり、私が良かれと思ってやっていたことはすべて裏目に出ていたのです。効果がないだけならまだしも、頭皮のケアをしているつもり、余計に状態を悪化させているとは本末転倒。私がやっていたような、表面的なケアでは解決にならないことがわかりました。本当にAGAを改善したいのであれば、根本的な治療が必要です。抜け毛にもいくつかのタイプがあり、正しい改善法を取らないと悪化するばかり。医者に話を聞くことで、自分自身の症状を知ることができて良かったと思います。ですがもっと早くに病院へ相談していれば、ここまでひどい状況にはならなかったはず。試行錯誤していた2年間を考えると、後悔しかありません。AGA治療は早期治療が大切だそうです。もし薄毛で悩んでいる人がいれば、早く病院へ相談することをおすすめします。

治療薬を個人輸入代行業者から購入して使用していたことでトラブルに

これは私が自分の薄毛に対して気になり始めた時のことです。ネットを使い、改善方法時はないかと色々と調べているうちに、病院で診察を受けて塗り薬と飲み薬を処方してもらえるという情報を掴みました。しかし更に詳しく調べてみると、薄毛治療は保険適用外のために定期的に病院に通うとなると、治療費は高額になってしまうという現実が突きつけられてしましました。そんな最中これは、諦めるしかないなと思っていた時に、個人輸入代行というもので飲み薬を購入できるということを知りました。早速、値段を調べてみると病院で処方される薬と同じような効果が得られ、価格も比較的、安かったことからこれならば病院にも通わずに自分で治療ができてメリットしかないと思い直ぐにネットで購入。後日、送られてきた飲み薬の用量を守りながら毎日飲み続けました。

しかし効果を期待して購入した飲み薬ですが、3ヶ月経っても効果は一向に見られず、薬の副作用なのか髪の毛以外の体毛の増加、今までと同じような生活をしているのに体のだるさ、精力の減退などを感じるようになりました。これでは薄毛治療の前に自分自身がどうにかなってしまうと思い、私は怖くなり薬の使用をやめることにしました。結果、薬をやめてから私の感じていた体の異常は直ぐになくなりました。それからしばらく経ち自力での治療を諦め、しっかり病院で治療を受けようと決意し病院に行くことにしました。そこで言われたのが、まず薄毛治療と言ってもAGAであるか否かがわからないことには塗り薬や飲み薬を飲んでも効果がないとのことでした。さらにインターネットを使い個人輸入代行業者から治療薬を購入することは、危険であるということを知りました。やはり薬である以上、診察をしっかりと受けた後に医者から処方され通りに飲まなければ、私のように体に異常をきたしてもおかしくありません。また全て輸入代行業者とは言いえませんが、信頼できる業者か否かは不透明なところがあります。それらのことからまず薄毛治療をと考えている方は、病院を受診することから始めた方が良いでしょう。先ほども話した通り、塗り薬や飲み薬を個人的に使用しても効果が出るか否かはわかりません。病院で医師の診察を受け、治療で改善するか否かを判断してもらってから、定期的な診察で改善方法を模索していくしか方法はないのです。

自己管理ができなければAGAは改善できない

薄毛を改善するには、治療をコツコツ継続して経過を医師に見てもらうことが大切だと思います。 AGAを治療するためクリニックに通っていた当時の私は、「専用の機器は使っているだけで、マッサージを効率よくしているだけ」、「頑張れば同じ効果を自宅で得られるのでは?」と治療に対して不信感を抱いていました。食生活の改善や、スカルプケアの方法を教えてもらいましたが、調べればわかるようなことばかり。処方される育毛剤やシャンプーも、インターネットで購入するものと変わらなかったんです。これなら、クリニックで受けたアドバイスをもとに自分でケアしていけばいいという考えに至りました。この選択肢が失敗だったとは、そのときはまったく考えもしていなかったです。自己流でやると、経過を見てもらうことができないため、効果が出たのか出てないのかがわかりません。また、1人での治療は孤独ですし応援もないので、徐々に続けるのが苦痛になってしまいます。

クリニックでAGA治療を受けるのは、ジムに通ってトレーナーから指導を受けることと似ているかもしれません。以前の私は、自分で薄毛の改善を目指すと決めたものの、クリニックで受けたアドバイスを継続できませんでした。今考えると、クリニックの治療法が悪かったというより、自分で解決できると思って通院しなくなったのが失敗した原因です。

これからAGA治療をしようと考えている方にアドバイスをするならば、医師の教えを守り、サポートを受けて治療を続けるようにと言いたいですね。

AGA治療に失敗しないためにクリニック選びが大切

近年、AGA患者の増加と共にAGA治療を行なっているクリニック数も急増しています。治療法も1つではないため、「どのクリニックで治療を受けても同じ」ということは決してありません。これは発毛効果や抜け毛を抑制する効果は、治療に用いる薬や機械、医師の知識などによって大きく異なります。そうなってくると、人によりどの治療方法がベストなのかが大きく変わってくるということになります。そこであなたが「満足いく治療結果」を得られるクリニックに出会えるよう、クリニック選びのポイントを3つにまとめました。是非、参考にしてみてくださいね。

治療実績が豊富であるか?

AGA治療に失敗しないためには、治療実績が豊富なクリニックを選ぶことが重要です。AGA治療の症状は十人十色。例えば一つの病院の内科の中にも循環器内科や消化器内科、神経内科などが別れているように、所属する医師によっても得意分野が違います。さらに一人ひとりにあった治療のアプローチ方法は異なりますし、数多くの治療法が存在しています。治療実績があるクリニックでは、自分の症状と同じ人をすでに治療した経験が多いので、安心して治療を受けられるでしょう。要は治療方法のレパートリーが多いか否かがクリニック選びの大事なポイントとなり、それが治療実績というもで実証されているのです。治療実績が豊富かどうか判断する材料は、過去の施術資料やクリニックの創業年数、過去に治療を受けた人の口コミ、症例写真など。

注意してほしいのは、「治療内容が分からないまま受診しないこと」です。分からないことがあれば、理解するまできちんと質問することが大切。

またカウンセリングの質をチェックすることで、治療実績が豊富なクリニックかどうか見極められることもあります。カウンセラー自体にも患者様の話をうまく聞き、悩みを引き出せる実績があるか否かも治療を受ける上で大事なポイント。質問した内容に丁寧に答えてくれるのは、良いクリニックの特徴です。一方、質問にしっかり答えてくれなかったり、カウンセリングが適当なクリニックは避けたほうがよいでしょう。なぜなら実績が少ないため、答えられない可能性が高いからです。AGAも病気や怪我を治すのと同じように、クリニックが如何にして患者をよく診察してから治療方法を選択してくれるかが改善するが重要なポイントです。時間との勝負のAGA治療では早期発見、早期治療も改善していくために重要であり、治療がなかなか上手くいかず時間が無駄に経過してしまうと改善する可能性も徐々に下がってしまいます。そのことからクリニック選びは最重要項目といえます。

返金制度がある

クリニックに返金制度があるかどうかで選ぶのも大切です。AGA治療は健康保険が適用されないので、治療費は高額になる場合がほとんどです。高い金額を支払ったのに効果がでないと、どんな気持ちになるでしょうか?嫌な思いをしたり悔しい思いをしてしまいますよね。

またAGA治療は時間がかかるため、治療を受けて効果がなかった場合、その期間の全てのことが無駄になってしまいます。

もしもその期間中に違うクリニックだったら違う結果になっていたかもしれないと、金銭面からも時間面から後悔することになってしまうことでしょう。

もちろん、AGA治療は個人差もあるので、効果が出ない人もいるでしょう。生えないリスクを背負うのが怖くて、治療に一歩踏み出せない方も数多くいます。

そんなリスクや不安を背負わせないために、AGAの専門クリニックでは返金制度を導入しているところがあるのです。返金制度は、治療で効果が出なかった場合に患者へ支払った治療費を返金する制度のこと。

治療の効果が出なかったときの返金制度ですが、システムや条件はクリニックによって微妙に異なります。治療を受ける前に「どこまで保証されるのか」「どの範囲から適用されるのか」など、各クリニックに確認するようにしてください。保証の範囲が大きいほど安心して治療を受けられますし、余裕が持てますよ。事前に細かなところまで調べておくようにしておけば、安心して治療が受けられます。何より返金制度を手厚くしているクリニックには治療の自信が伺えます。

予算に合った治療ができるか

上記でも説明させてもらいましたが、残念ながらAGA治療は保険が適用されません。治療費は全額自己負担なので、予算に合った治療が受けられるかがクリニック選びのポイントです。 AGA治療の費用は各クリニックが自由に決められるので、費用は異なります。同じ治療を受けたとしても「料金が大きく違う!」なんてこともありえるのです。

よく歯医者でもインプラント治療を受けるのにA歯科とB歯科の2つ歯医者の金額を調べてみると何十万単位で治療費が違うといったことがあるのと同じことです。

また、AGA治療は効果を実感できるまでに3~6ヶ月かかると言われています。もちろん抜け毛の量や増毛のスピードに個人差もあるでしょう。どんなに良い治療を受けても、ある程度継続して治療を続ける必要があります。そのことから治療前に1ヶ月あたり、どの程度の治療費がかかるのかの目安を提示してもらう必要があります。そこからもしものことを考えて6ヶ月間のおおよその治療費を算出して判断するとよいでしょう。

まとめ

このページではAGA治療を失敗させない方法を紹介していきました。薄毛が気になりだしたからといって全ての人がAGAとは限りません。そんな中、自分でシャンプーや育毛剤、飲み薬を購入しての治療は意味のないものになってしまうかもしれません。まずはAGAか否かの判断を仰ぐために、クリニックでの診断をおすすめします。

AGA治療おすすめクリニック5選