男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック

AGA治療薬の個人輸入は安全なの?

個人輸入の注意点

治療薬を個人輸入する際の注意点をまとめています。個人輸入の治療薬は一歩間違えると身体のトラブルにつながりかねません。そうならないための参考にしてください。

個人使用が前提

個人輸入したAGA治療薬は、原則として購入した本人しか使用できません。あくまでも本人が使うことを前提にして販売されたものになるからです。受け取り先を会社にするだけでも転売目的ではないかと勘繰られることがあることからも、個人輸入がどれだけデリケートな購入方法かがわかるでしょう。そのため、輸入したものを販売したり友人に渡したりするのは違法になります。家族の分を一緒に購入するという行為も禁止されているので注意してください。

輸入量に制限がある

AGA治療薬は輸入量に制限があるので注意しましょう。個人輸入は品目ごとに1ヵ月にどれくらいの量を輸入してよいかが決まっています。一般的なプロペシアであれば1ヵ月30錠ほど、育毛剤は1ヵ月1本までしか購入できません。

特にミノキシジルは規制が厳しく、必ず1ヵ月に1本の購入を守りましょう。輸入量の制限を守らなかった場合、税関で没収されて廃棄になるそうです。そうなると代金がムダになってしまいますよね。そうならないためにも、輸入量はきちんと守りましょう。

自分の症状に合っていない可能性がある

海外に数多く存在するAGA治療薬の中には、自分の症状に合っていないものがあるかもしれません。個人輸入の場合はそれを購入してしまう可能性があるのです。

治療薬の中には前頭部に効くもの、頭頂部に効くものなど、効果・効能に違いが存在します。購入する際には、自分の症状と薬の効果を把握して購入するようにしてください。また、治療薬は効き目に個人差があり、半年以上使い続けないと効果が出ない場合もあります。効果が出るまでの目安期間もしっかり理解したうえで購入しましょう。

個人輸入は自己責任

個人輸入で購入した治療薬は、使用の際にトラブルが起きないか注意してください。ミノキシジルやプロペシアは、日本では医師の処方でしか入手できません。しかし、処方される治療薬は長期間の服用が必要なうえに、治療費も高額になりがちです。

確実に効果が現れるかもわからない不安の中では、根気や経済力がなければ治療を続けることは難しいかもしれません。そうした背景から、少しでも費用を安く抑えたいと考えて個人輸入に切り替える人も多いそうです。

輸入品は日本で販売されている治療薬よりも安価で手に入ります。しかも、日本では許可が下りない高濃度の成分が入った薬が利用できたり、通院しなくとも薬が手に入れられたりといった点も、人によっては魅力的に映るようです。

しかし、日本で許可が下りていないということは、安全性が保証されていないということでもあります。輸入品の治療薬を使用したことでトラブルがあったとしても、病院でどれだけ対応してもらえるかはわかりません。個人輸入は自己責任なので、こういったトラブルが起きる可能性も考えながら購入を考えてください。

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

医薬品を海外から輸入して使用する方がいます。しかし、そのような医薬品は日本国内の法律に則って販売されているものではないので、購入する際には注意が必要です。健康上のリスクに関わることなので、購入を考えている方は一度こちらをチェックしてみてください。

参照元

外国製の治療薬は安全性の保障がない

日本で流通している医薬品や化粧品などは、法律に基づいて品質や安全性が確認されていますが、個人輸入によって手に入る治療薬には保証がありません。

海外の医薬品は、日本で定められている一定の品質に達していない可能性があります。そのような治療薬を使っても、期待するような改善効果は得られないかもしれません。また、薬剤の中に人体に有害な物質が含まれている可能性もあります。治療薬に含まれている成分の問題以外に、製造している環境が不衛生なために有害物質が混入し、身体が影響を受ける場合も考えられます。購入の際には、できるだけ配合されている成分や作っている工場が見える治療薬を購入しましょう。

正規品を偽った治療薬を販売しているメーカーに注意

治療薬の中には正規メーカー品をかたった偽造製品もあり、個人輸入の場合、そういった偽造製品を購入させられてしまう恐れがあります。また、個人輸入できる商品は効能・効果・用法・容量・使用上の注意などが外国語で記載されているため、記載されている内容をすべて理解するのは困難です。

もし内容が理解できたとしても、製品によっては使用する際に好ましくない成分の記載を省略している可能性も捨てきれません。輸入製品のなかには学会から「この薬は使わないように」という注意喚起が行われているほど危険なものもあるので、購入前に一度チェックしてみましょう。

海外の医薬品で起きた副作用には対応できない

輸入した医薬品は、思わぬ副作用を起こす可能性があるので注意が必要です。日本で販売されている医薬品については、医師や薬剤師が情報を把握しているので副作用が起きても対応が可能。救済制度の対象にもなります。しかし輸入品の場合は十分な情報を得られていない状態なので、迅速な対応をとることが難しいうえに、救済制度も受けられません。

個人輸入を考えている方は、これらのことを踏まえて医薬品を購入しなければなりません。購入の際には決して一人で判断せずに、医師・薬剤師に相談をしてから購入することをおすすめします。

名古屋のクリニックを
調べつくし!
おすすめAGA治療
クリニック5選はこちら

AGA治療おすすめクリニック5選