男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック

発毛サプリメント

発毛サプリメント

「なんとなく髪の毛のボリュームが気になってきたけど、クリニックに行くほど深刻じゃない」という方には、発毛サプリがおすすめです。発毛サプリの気になるメリットやデメリットを一緒に見ていきましょう。

メリット

1.手軽に購入できる

医師の処方がいらず、ドラッグストアやコンビニ、通販などで手軽に購入できます。薄毛が気になりはじめたときにすぐはじめられる対策法です。また、AGA治療薬と比べてリーズナブルな価格で済むのも◎。

2.副作用が少ない

発毛サプリは医薬品ではないため、副作用の心配はほぼナシ。ただし、体質によっては合わない成分が含まれている可能性もあるので、必ず確認してから服用するようにしましょう。

3.手間が少なく取り組みやすい

クリニックまで足を運ぶ必要がなく、食前や食後に数粒飲むだけの手間の少なさは発毛サプリならでは。クリニックはまわりの目が気になって抵抗があるという方でも、サプリならコッソリ薄毛対策に取り組むことができます。

デメリット

1.即効性への期待は薄い

サプリメントはあくまでも補助的な役割なので、医薬品と違って即効性はありません。毎日コツコツと飲み続ける必要があります。今すぐ効果を実感しにくいので、挫折しやすいのがネックです。

2.結果に個人差が大きい

不足している栄養素は人それぞれのため、発毛サプリで効果を実感できる人もいれば、結果をほとんど残せない可能性もあります。

3.長期的な服用による負担大

AGA治療薬よりもリーズナブルではあるものの、長期的な服用が必要になるため、トータルで見ると高額になってしまったというケースも…。

そもそも発毛サプリは存在しない?

「サプリを飲むだけで発毛効果を実感!」というようなキャッチコピーを目にしたことはありませんか?クリニックに足を運ばなくても薄毛の悩みを解消できるなら、まさに神サプリですよね。けれど、実は発毛できるサプリメントは存在しないんです。

発毛のメカニズムとサプリの関係

発毛とは、文字通り「新しい毛を生やすこと」です。通常だと、毛が抜けても新しい髪の毛が自然と生えてくるもの。一方、薄毛で悩む人の頭皮は何らかの脱毛症によって毛が生えにくい、もしくは生えてこなくなってしまっている状態です。

これを解消するためには、発毛に欠かせない毛乳頭や毛包に働きかけて脱毛の原因を防ぐのが必要不可欠。サプリメントは医薬品ではなく、あくまでも栄養補助が目的の「食品」です。そのため、毛乳頭や毛包に働きかける作用はなく、直接的な発毛効果もありません。

発毛効果を期待できる栄養素は…ある!

髪の毛はたんぱく質でできているため、食生活が乱れてしまうと抜け毛につながってしまいます。そこで役に立つのが栄養補助を目的としたサプリなんです。発毛効果を期待できる栄養素は「たんぱく質」「各種ビタミン」「亜鉛」「ノコギリヤシ」など。

手軽に摂取できるサプリメントですが、必要な栄養素は人それぞれで、体調や食生活、性別によっても変わってきます。そのため、発毛効果があるからと手あたり次第にサプリを摂取するのは、かえって効率が悪くなってしまう可能性があります。薄毛対策のための栄養補助としてサプリを利用するなら、自分の体調や食生活に合わせて、必要な栄養素が何かを見極めなければいけないのです。

薄毛の改善法としては、発毛サプリのほかにクリニックで処方してもらう「AGA治療薬」があります。それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

参照元

発毛サプリとAGA薬の違い

1.医学的な効果

発毛サプリとAGA治療薬の一番の違いは「医薬品」であるかどうか。AGA治療薬は厚生労働省から医薬品として認可されており、効果や副作用が医学的に証明されています。ただし、医師の処方が必要です。サプリはドラッグストアやコンビニなどで気軽に購入できますが、医学的に効果は証明されていません。

2.価格

発毛サプリの1ヶ月あたりの相場は5,000円程度ですが、AGA治療薬は1ヶ月で20,000円程度と大きな差があるのが特徴。AGA治療は保険適応外なので、治療薬も高額になってしまいます。海外から安く個人輸入するという手もありますが、安全性が確保されておらず、質の悪いものも出回っているのでおすすめできません。

3.目的とする効果

発毛サプリは不足している栄養素を補い、抜け毛を減らしたり頭皮の状態を整えたりする土台づくりの効果があります。そのため、どちらかというと今ある髪の毛の現状維持としての役割があり、薄毛の初期症状や予防としての対策向け。AGA治療薬は抜け毛を減らして発毛を促進する効果があります。薄毛の症状がかなり進行している方に向いている対策法です。

AGA治療薬

メリット

1.高い発毛効果

AGA治療薬「プロペシア」は厚生労働省から発毛効果を認定されている国内で唯一の医薬品です。世界60ヶ国で使用されており、国内外から高い発毛効果のある治療薬として支持されています。

2.薄毛の進行を抑制

プロペシアには、抜け毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する還元酵素の働きを阻害する作用があります。抜け毛を抑えることができるので、進行性の薄毛対策としての効果も◎。ミノキシジルの場合、頭皮の血流を良くしてくれるので、発毛しやすい環境に整えてくれます。

3.症状に合った処方

AGA治療薬は医師から症状に合った治療薬を処方してもらえるため、効果を実感しやすいのがポイント。クリニックによっては独自のオーダーメイド処方を取り入れているところもあります。

デメリット

1.副作用の可能性あり

医薬品のAGA治療薬は効果が高い分、副作用を引き起こす可能性があります。症状や程度は人それぞれですが、代表的なものには「精力減退」「ED・勃起不全」「倦怠感」「頭痛・めまい」「動悸」など。また、女性は服用できず、さらに妊娠前や妊娠中は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用する際は家族やまわりの女性への配慮が重要です。患者の体質に合わせて処方しているクリニックを選べば、副作用のリスクを可能なかぎり抑えることができます。

2.費用

AGA治療は保険適応外のため、発毛サプリよりも費用が高額になってしまいます。短期間で効果を実感できる、もしくは全額返金保証がついているクリニックなら、発毛サプリと比べてもコスパ面で優秀です

3.医師の処方が必要

AGA治療薬は医師の処方が必要になるので、クリニックまで足を運ばなければいけません。そのため、手軽さの面では発毛サプリの勝ち。ただし、複数ある治療薬の中から症状に合ったものを提案してもらえるのは、医師の処方が必要なAGA治療薬ならではです。

発毛サプリとAGA治療薬ってどっちがいいの?

とにかく髪の毛を生やしたい!という薄毛の悩みに応えてくれるのは、発毛効果の高いAGA治療薬です。副作用や費用などの気になるポイントはありますが、進行しすぎた薄毛に悩む人にとっては救世主のような存在。医師の処方が必要な点に関しても、薄毛に詳しい専門家のアドバイスを仰げるということでもあります。1人で抱えこみがちな薄毛の悩みだからこそ、医師と二人三脚で治療に取り組めるのはAGA治療薬だからこその魅力です。

ただし、食生活の乱れが髪の毛に影響を与えているのも本当のところ。賢く薄毛対策をするのであれば、クリニックで医師と一緒にAGA治療に取り組みながら、日常的なケアとして発毛サプリを上手に活用するのがおすすめです。サプリで不足している栄養素を補うことで発毛しやすい環境を整えられ、AGA治療薬の効果をさらに高めることができます。AGA治療薬と発毛サプリのWアプローチで、フサフサのヘアライフを手に入れましょう。

名古屋のクリニックを
調べつくし!
おすすめAGA治療
クリニック5選はこちら

AGA治療おすすめクリニック5選