男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック
AGA治療が成功する名古屋のクリニック » 究明!AGAの原因 » ジヒドロテストステロン(男性ホルモン)

ジヒドロテストステロン(男性ホルモン)

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあります。ここでは、AGAの原因と言われている男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する方法や発生原因について解説していきます。

AGAの原因の多くはジヒドロテストステロン

薄毛って結局遺伝でしょ…とあきらめるのはまだ早い。AGAの原因の多くはジヒドロテストステロンという物質が生成されることにあります。ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合することによって、髪の毛が成長せず、抜けてしまうのです。

そもそもジヒドロテストステロンって何?

先程ご紹介した男性ホルモンであるテストステロンと、頭皮に存在する5a還元酵素が結合すると、ジヒドロテストステロンに変わってしまいます。もともとテストステロンはストレスに打ち勝つ、筋肉を増強させるために分泌されるもので、テストステロン自体は薄毛に関係しないホルモンなのですが、ジヒドロテストステロンに変わることによって薄毛を招くのです。

ジヒドロテストステロンが生み出される原因

ジヒドロテストステロンの分泌を抑えるには、材料となるテストステロンの分泌を抑えることが重要です。たとえばストレスが多かったり、睡眠不足が続いたりするとテストステロンの分泌量が増えます。闘争本能を高める作用があるテストステロンを分泌して、体がストレスに打ち勝とうとするのですね。また、遺伝でもジヒドロテストステロンの量は変わってきます。

ジヒドロテストステロンを自分でどうこうするのは不可能!

男性ホルモンが原因といわれても、自分でどうしようもありませんよね。それに男性ホルモンは確かにAGAの大きな原因ですが、他の要因も複雑に関係していることも多いのです。「自分の男性ホルモンが原因だったんだー!」と断定することもできません。誤った行動をとる前に、ぜひ一度クリニックで症状を診てもらうことをおすすめします。

「ジヒドロテストステロン」を抑制する方法

AGA治療薬を処方してもらう

ジヒドロテストステロンを抑制するためには、テストステロンと5a還元酵素(5aリダクターゼ)が結合してしまうのを阻害することが大切です。5a還元酵素を抑制できるのがAGA治療薬「プロペシア」に含まれている有効成分、フィナステリド。この成分は、5a還元酵素の働きを阻害して男性ホルモンのテストステロンと結びつくのを抑えます。そのためジヒドロテストステロンの生成が抑えられ、結果的に脱毛を抑制するのです。プロペシアは内服薬と外用薬があり、内側と外側の両方から治療できます。AGA治療薬のプロペシアは、サロンでは処方することができないため、医療機関で処方してもらいましょう。

参照元

生活習慣を改善する

食生活を見直す

生活習慣が乱れることによってAGAになることも。生活習慣を改善することでAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを抑制することが可能です。食生活では3つのポイントに気を付けることでジヒドロテストステロンを抑制することができます。

亜鉛を摂取する

亜鉛には5a還元酵素を阻害してくれる効果があると言われています。そのため、亜鉛を摂取すると男性ホルモンのテストステロンと5a還元酵素が結びつきにくくなって、ジヒドロテストステロンが増えるのを抑えてくれるのです。亜鉛が含まれる食べ物には、レバーや煮干し、大豆などがあります。亜鉛の過剰摂取は身体に良くないので、ほどほどに摂取しましょう。

イソフラボンを摂取する

イソフラボンにも5a還元酵素の働きを抑える効果があると考えられています。5a還元酵素がテストステロンと結合しにくくなるため、ジヒドロテストステロンの増加を抑制することが可能です。イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳といった大豆食品に多く含まれているので日常的に摂取を行うようにしましょう。

アルコールを控える

アルコールが体内に入った場合、無害な物質に分解されてから外に排出されます。その分解の際に消費されるのが亜鉛といったミネラルやビタミンなどの栄養素です。亜鉛はジヒドロテストステロンを抑える効果があるので、アルコールを取り過ぎると結果的にジヒドロテストステロンが増えてしまいます。

運動をする

運動をすることで、汗と共に微量ですがジヒドロテストステロンを排出することができるとされています。さらに、運動をすることによって男性ホルモンが盛んに分泌されるように。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンが減った時にその働きを補うためにテストステロンと5a還元酵素が結びつくため、運動をすることでジヒドロテストステロンに変換されることを抑えられるのです。運動は血行を促進してくれるため髪の生育には効果的。運動不足を自覚している人は、1駅歩いたり階段を利用したりするなど小さな運動から始めてみてはいかがでしょうか。

睡眠を十分にとる

睡眠は体の休息や修復、成長のためになくてはならない大切な時間です。睡眠中は成長ホルモンという物質が体内で分泌されており、この成分が毛髪を含めた身体中の組織を成長・修復してくれます。成長ホルモンの分泌量が最も多くなるのは、睡眠から1時間後。しっかりと睡眠をとることで毛髪だけでなく体にも良いというわけです。

より良い睡眠時間を確保するためには、就寝前のカフェイン摂取はNG。また、育毛に良いとされる時間帯は22時~翌日の2時までとされています。どんなに遅くとも0時には就寝できるよう心掛けましょう。

ジヒドロテストステロンが生み出される原因

過度の飲酒

アルコールを過剰に摂取することでテストステロンが大幅に減少してしまいます。適度な量のお酒を飲むのであれば、ストレス発散になるので問題はありません。しかし、毎日飲酒を続けたり過剰にお酒を飲んでしまうとテストステロンが減少し、ジヒドロテストステロンの生成が活発化してしまいます。ジヒドロテストステロンの生成を抑えるためにも過剰な飲酒は控えるようにしましょう。

過度の運動

運動をすると、発汗時にジヒドロテストステロンを体外へ排出することが可能です。しかし、筋肉に大きな負担をかける過度な運動はNG。テストステロンが増加すると考えられています。特に筋肉への負担が大きくなるほど、テストステロンは増えるそうです。あまりにも多くテストステロンを増やしてしまうとジヒドロテストステロンの生成を促してしまいます。

運動を行う際は、筋肉に過度な負担をかけない有酸素運動などを中心に行っていきましょう。

喫煙

喫煙することは血流悪化や肺の汚染を招いてしまうだけではありません。研究により、喫煙者の方はジヒドロテストステロンの量が多いということが分かっています。クリニックによっては、AGA治療の際に禁煙を一緒にすすめるクリニックがあるほどです。

その日から急に煙草を止めるといった無理な禁煙は、逆にストレスがかかり薄毛進行の原因になってしまうこともあります。煙草を吸う量を徐々に減らすなど、無理のない範囲での活動を始めましょう。

AGA治療おすすめクリニック5選