男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック

生活習慣

食事や飲酒、喫煙といった生活習慣もAGAにつながります。ここでは生活習慣とAGAの関係についてご説明します。 

生活習慣を見直せばAGAは治るの?

普段の生活習慣がAGAの原因になっていることも多いです。そのため、初期のAGAであれば、生活習慣を見直せば改善することも可能です。4つのポイントに分けて解説しますので、ご自分の生活習慣が当てはまったら見直してみましょう。

AGAに関わる生活習慣その1「食事」

食習慣の乱れは髪にも大きな影響を与えます。脂質が多い食事をしていると、皮脂の分泌が過剰になります。皮脂が毛穴に詰まり、髪の成長を妨げることになるので、なるべく脂っこいものは控えましょう。また、タンパク質やアミノ酸不足も髪の毛が成長しない原因となります。

AGAに効く!?いい食事とは

まずは脂質を摂りすぎないように脂っこい食事を避けること、そして腹八分目を意識することです。過剰な脂質が行き場を失うことによって、皮脂の分泌につながります。また、タンパク質やアミノ酸は髪の毛を作るための材料となります。肉、魚、野菜とバランスが取れた食事を心がけましょう。

AGAに関わる生活習慣その2「飲酒」

お酒には糖質が多く含まれています、糖質は体内で脂肪に変換され、皮脂となって毛穴を詰まらせ、薄毛の原因となってしまいます。お酒の飲み過ぎには気をつけることと、なるべく糖質がカットされたお酒を選ぶようにしましょう。また、アルコールを摂取することで肝臓に有毒物質が発生します。その有毒物質を分解するためには、髪を作るために必要なシスチンという栄養素が使われます。これも薄毛の原因となります。

AGAに関わる生活習慣その3「喫煙」

喫煙は健康に悪影響なのは周知の事実ですが、髪の毛にも影響を与えます。ニコチンを摂取すると毛細血管が収縮し、血行が悪くなります。血液の流れが悪くなると、毛根にある毛母細胞に栄養素が行き渡りません。すると毛母細胞の働きが鈍り、髪の毛が十分に育ちません。禁煙するのはなかなか難しいですが、吸う本数を減らすことでも改善効果が十分あります。

AGAに関わる生活習慣その4「睡眠」

睡眠も髪の毛と大きな関係があります。人間が寝ている間には成長ホルモンというホルモンが分泌されます。疲労回復の効果がある他、肌の新陳代謝の促進や、髪の毛を成長させる働きもあります。特に成長ホルモンの分泌は22時から翌日の2時までに多く分泌されます。成長ホルモンは寝ていないと分泌されませんので、なるべく早めに睡眠を摂ることが大切です。

生活習慣の見直しだけでは危険!まずは早めの診断を

生活習慣とAGAは密接な関係にあります。しかし、生活習慣の改善だけでAGAの進行が止まるのはほんの初期や、原因が生活習慣だけにあるという、ほんの一部の人。自分の原因は何なのかを、自己判断してしまっては進行する一方なので、まずはクリニックで自分の原因を突き止めることが大切です。

参照元
AGA治療おすすめクリニック5選