男性型脱毛症・AGAの克服ガイド【名古屋編】

人生が変わる!AGA治療が成功する名古屋のクリニック

AGA用語集

AGAの治療をする前に知っておきたい、基本的な用語の解説をします。

名古屋のクリニックを
調べつくし!
おすすめAGA治療
クリニック5選はこちら

AGA用語集

AGAは病気のひとつであるため、治療する前にその概要を知ることはとても大切。ここでは、基本的な用語を解説しますので、ぜひ目を通してみてください。

AGA

Androgenetic Alopecia”の略称で「男性型脱毛症」のことをいいます。

10代から30代の頃からの抜け毛が増え、薄毛になり始める「若年性脱毛症」と、それ以降の40代以上に薄毛が進行していく「壮年性脱毛症」を合わせた総称となっています。

プロペシア

プロペシアとは、男性型脱毛症の進行を抑制するための経口薬のことで、飲む育毛剤といえます。

一般的にはフィナステリドと呼ばれています。従来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品だったのですが、副作用として異常発毛現象が起こったことから発毛剤として用途が広がるようになりました。

日本では、萬有製薬が2005年から日本初の男性型脱毛症(AGA)用薬「「プロペシア」が発売されています。

ミノキシジル

ミノキシジルは管拡張剤の一種であり、体内の血管を拡張したり、血流を促進したりする働きがある経口薬のことです。

当初は血圧降下剤として高血圧患者に使われていたのですが、投薬された患者の多くに多毛症の様子が見られたことから、発毛効果があることが発見されました。日本で有名なミノキシジルは「リアップ」があります。

ザガーロ 

2016年9月に日本で販売が開始された、新しいAGA治療薬です。従来治療薬として知られていたプロペシアと同様、5a還元酵素の生成を抑えることでAGAを治療します。

5a還元酵素はⅠ型とⅡ型のⅡ種類が存在します。プロペシアはⅡ型にのみ作用しますが、ザガーロはⅠ型、Ⅱ型の両方に作用することによって、より大きな効果が得られます。また、プロペシアではなかなか改善できなかった前頭葉の薄毛にも有効です。

ダーマローラー

育毛剤の有効成分が浸透しやすくするために、頭皮に極小の穴を開ける道具です。0.2mm程度の極細で短い針がローラーに付いており、頭皮上を転がすことで頭皮に穴を開けることができます。

穴といってもごく浅いものなので、肌へのダメージは少なく、痛みもほとんど感じません。育毛剤と併用して使うものなので、ダーマローラー単体では薄毛に効果はありません。

HARG療法

HARG療法とは最先端の再生医療を応用した毛髪再生治療のことをいいます。

HARGはHair(毛髪) Re-generative(再生) theraphy(治療)という言葉の頭文字をとった「HARG」をハーグと呼んでいます。

具体的には、毛髪再生の有効成分を頭皮に直に与えていく治療法で、病院などの医療機関でのみ施術を行うことが認められている治療法です。

メソセラピー

頭皮に「ミノキシジル」や「フィナステリド」といった育毛作用がある薬剤を浸透させることによってAGAを改善する治療法です。

注射を用いて薬剤を注入する他、ローラーやレーザーと併用しながら薬剤を塗布するなど、さまざまな治療スタイルがあります。いずれも頭皮に直接的に有効成分を届ける方法なので、高い効果が期待できます。

ジヒドロテストステロン

男性ホルモンである「テストステロン」が、5a還元酵素と結合すると「ジヒドロテストステロン」に変換されます。

そしてこのジヒドロテストステロンが、毛母細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、成長している髪の毛に対して、成長を止めるように指令を出します。

その結果、髪の毛が抜け落ちて、薄毛の原因となります。

AGA治療おすすめクリニック5選